「会社法施行後1年における中小企業の対応状況に関する調査」結果


平成18年5月の会社法施行から1年が経過しました。東京商工会議所は
会員企業の会社法施行への対応状況に関する調査を実施し、結果が
まとめられました。

調査期間は平成19年4月13日から4月20日。資本金1億円以下の
非公開会社(公開会社でない会社)366社から回答を得たもようです。

 まず「会社法施行にあわせて、定款変更を行ったか」について聞いたところ、
「すでに変更した」が44.9%、「変更する予定である」が14.8%と、あわせて
約6割の企業が定款の見直しを行っています。

定款を変更した(する予定を含む)企業に対して、採用する機関設計について
聞いたところ、「取締役会+監査役(会計監査権限のみ)」が最も多く
47.1%となりました。

また非公開会社の場合、取締役会を設置しない機関設計の選択が
可能となりましたが、取締役会非設置を選択したのは28.6%であり、
そのうち「取締役のみ」は19.5%という結果でした。
会社法の改正ポイントの1つである会計参与の設置状況については、
「設置する予定はない」が最も多く77.5%でした。一方、「設置している」は
5.6%、「設置を検討している」は5.8%という結果でした。

会計参与を設置しない理由としては、
「計算書類の作成の大半は顧問税理士等に任せてあるから」が最も多く
57.1%、「すでに十分な会計知識を有しており、会計参与を必要として
いないから」が21.3%、「会計参与を設置するメリットがわからないから」が
14.8%という回答でした。


会社法施行時に困った点について聞いたところ、
「特に困った点はない」が最も多く61.0%となり、過半数の企業は
スムーズに対応ができたようです。

また会社法で興味がある分野について聞いたところ、
「税務・会計上の実務における留意事項」が最も多く40.7%、
「定款作成・変更」は22.8%、「内部統制の構築」は20.8%、
「事業承継対策」は19.9%という結果でした。


税務・会計上の留意点や事業承継対策等は、税理士の得意分野。
ぜひ顧問税理士等にご相談ください。

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:税理士
  • いずみ会計事務所
  • 東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム737号室

お客様のニーズに対し、それを解決することに向けて最大限の努力をすること。それが当事務所の得意分野です。 創業起業の一番最初時期からのお手伝い、NPO法人、公益法人まで業種を問わず、幅広く対応させていただきます。

比較ビズに掲載しませんか

事業承継・M&A

相続問題 相続税と生前贈与

相続と生前贈与今とこれから。まず相続の際にかかる相続税ですが、これは、相続する金額(相続財産)から基礎控除額 …

パチンコホール売却をご検討されてい …

悩めるパチンコホール経営者の皆様へ初めまして。公認会計士税理士の海津(かいづ)と申します。後継者がいない、超巨 …

税務会計【決算・節税・税金対策】起 …

◎決算節税税金対策お客様にとって不要なサービスを押し売りしないことが当事務所最大の特徴です。  【月単位サー …

目からウロコの究極の節税法の話

節税の基本は、税制が認める方法の中で最も有利な方法を選択することです。社長さんたちの多くが既に経験している「法 …

内部統制

「経営者の想いと法律の壁!!」

「経営者の想いと法律の壁!!」 「たかの友梨ビューティクリニック」での、労働基準法違反のニュースでも …

「ビジネスマニュアル作成マニュアル …

ビジネスマニュアル作りで、このような課題はありませんか?業務手順が不明確で、作業効率が悪く、マニュアルを作成し …

「会社法施行後1年における中小企業 …

平成18年5月の会社法施行から1年が経過しました。東京商工会議所は会員企業の会社法施行への対応状況に関する調査を …

経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP