【仕訳】新年会の費用は福利厚生費?

 あけましておめでとうございます。2008年のお正月はいかがお過ごしでしたか?

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 年も改まり、新年会のシーズンになりました。

 最近では、参加する社員が自費を出し合って行う新年会も増えてきているようですが、会社が新年会の費用を出すことも多く行われています。

 今年最初のブログは会社の新年会の費用について、お話をいたします。

 

 社員旅行や新年会、忘年会などのように、社員の慰安を目的とする費用については、社員全員が対象であるかないかが福利厚生費の判断基準になります。

 

たとえば、役員や幹部社員だけ、一部の部門だけ、有志だけ・・・など、特定の社員が実施する新年会などの費用を支出した場合は、原則として給与(役員給与)、または交際費として扱われることになります。

特に役員給与や交際費とされた場合は、会社の損金にできないこともあるので注意が必要です。

 

 また、福利厚生費は社会通念上認められる範囲のみが対象になりますから、海外や風俗店での新年会、二次会や三次会などの費用については、福利厚生費と認められないケースもあります。

 

 ところで、新年会でビンゴゲームなどを実施して賞品を出すことがあります。この賞品代を会社が負担した場合も、原則として福利厚生費とすることができます。

 

ビンゴゲームのように偶発性の高いゲームで当たった景品は、会社の地位や役割、成績などによって個人に授与される記念品等とは異なり、新年会の費用の一部を成すものとして考えられるからです。

 

 ただし、これを景品ではなく現金で支給した場合は、福利厚生費ではなく給与として扱われます。これは、新年会の参加費を現金で社員に支給した場合も同じです。

 また、一個数十万円もするような景品も社会通念上、福利厚生費とは認められないと考えたほうが良いでしょう。

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:税理士
  • いずみ会計事務所
  • 東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム737号室

お客様のニーズに対し、それを解決することに向けて最大限の努力をすること。それが当事務所の得意分野です。 創業起業の一番最初時期からのお手伝い、NPO法人、公益法人まで業種を問わず、幅広く対応させていただきます。

比較ビズに掲載しませんか

福利厚生

パートタイマーへの社会保険適用拡大!

現行制度では、社会保険の適用基準は「1日の労働時間と1ヵ月の労働日数がともに、正社員のおおむね4分の3以上」とされ …

【甘えた企業体質の改善】ボーナス支 …

当たり前に、夏冬いただける?中小企業では、決まった賞与を毎年支払うことが難しいです。賞与を支払うために借入を起 …

採用時の健康診断

採用時の健康診断今回は「採用時の健康診断について」を解説します。先日、ある社長から採用について こんなご質問を …

社員にインフルエンザの予防接種を行 …

【質問】地元で数件のレストランを経営しております。接客や調理が必須の商売柄、アルバイトを含めた従業員全員に季 …

圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP