ソフトウェア開発業界特有の会計・税務上の処理方法

グレーな部分の多い特異な業界ならではの有利な処理方法

私はソフトウェア会社で、税務課長という立場で、大手コンピュータ会社元経理部長とともに、8年間この業界の会計、税務そして経営管理を徹底的に研究していました。

その結果つくづく感じましたのは、実態を知らないと 有利な展開に持ち込めないという事です。そしてグレーな部分の多い特異な業界であるからこそ、その実態が分かっていれば有利な処理、方法を採用することが可能になるといえます。

例えばソフトウェア会社が開発や制作をされる場合


請負契約等によりクライアントの要求する開発・制作を行うケースと、販売用・社内利用ソフトウェアの開発を行うケースに分かれると思います。


またクライアントのために開発を行う場合には、請負・期間請負・SES・派遣等の異なった契約形態を結ばれることがあると思います。ここで注意すべきことは、上に述べました各種ケースにおきまして売上、原価、費用、資産の計上を行うときにそれぞれの相違を明確に理解しておかなければならないということです。


例えば、最初から損失(費用)処理できるものと資産計上が必要となるものの違いと、その資産計上したものの費用化の方法の相違等を理解しておかなければ、税務上様々な問題を引き起こすこととなるかもしれません。1つの開発・制作にこれほど多様な会計処理が存在するということは、他の業種ではあまり例をみないことです。


またソフトウェア自体の内容が目に見えるものではないので、売値の妥当性が判断しにくいという問題があります。加えてバグ対応等で損失の発生するケースがしばしばありますので、案件毎の業績把握が特に重要となります。

赤字プロジェクトを出さないよう1つ1つの案件で利益の出る売値で契約していってこそ、会社全体の利益が稼げるのです。


そして、検収時に機能上の問題でトラブルになるケースもありますので、必ず
詳細な契約書を交わしておくことは、非常に重要なことです。逆に、詳細な契約書なしに契約するくらいなら、受注しない方がいいかもしれません。

こういったケースは、今までに少なからず見てきました。


このようにソフトウェア会社のお客様に対しその実態と会計・税務上の処理の整合性を保ちつつ、業績管理に重点を置き、税務上有利な処理を選択していくという方針で、親身にお付き合いをさせて頂いております。

当事務所は、顧客の8割がIT企業様です。

IT企業様ならではの節税策、黒字決算に導くための帳簿付けのご提案を致します。

黒字決算に導く帳簿付け・節税対策をご提案します【お問合せ】

顧客の8割がIT業界!ソフトウェドT業界に特化した税理士です【既に顧問税理士がいる企業様へ】経営視点からアドバイスがもらえない事務的な作業しかしてもらえない赤字決算が続いているなど、今の税理士様に不満はございませんか?当事務所は、経営者様の立場に立ち、売上、利益を伸ばされお金が増え、会社が発展され …

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:税理士
  • 番場厚夫税理士事務所
  • 東京都小平市鈴木町2-161-13

会社経営は生活の基盤であり、唯一の収入源です。会社経営に失敗すると、みんなが不幸になります。 だからこそ、強固な会社基盤と売上増進が必須となります。 常に社長様とお話をし、協力して会社を発展させていきたいと考えています。みん …

比較ビズに掲載しませんか

契約・顧客トラブル

第11回 受験生と共に 

[まくら話]この時期受験生に支持される商品といえば、げんかつぎ商品。たとえば明治製菓の「うかーる」はオヤジギャ …

クレーム産業

「リフォーム業はクレーム産業」 と言われる事があります。(このごろは少なくなってきたような) 昔に比べると、 …

恵愛サムライコンシェルジュ(KIS …

私達なら困難な問題も解決できる。 経営者様のお悩みは数多くあります。たとえば経営全般資金繰り法務労務問題等困っ …

ソフトウェア開発業界特有の会計・税 …

私はソフトウェア会社で、税務課長という立場で、大手コンピュータ会社元経理部長とともに、8年間この業界の会計、税 …

経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP