舎利子見よ、労働紛争花盛り

崩壊した4つの防波堤

 我が国における個別労働紛争の発生は、増加の一途を辿っております。比較的近年までは、終身雇用制・高額の裁判費用・労働者の無知・タテ社会の秩序の4点が、結果として労使紛争の発生に対する見えざる抑止力として作用してまいりました。今やこの4つの防波堤は、下記の通り、ことごとく崩壊しております。

 

1.終身雇用制と年功序列制

正社員に対する終身雇用制度と年功序列制度の提供は、従業員の忠誠心と会社への依存心を高める効果があり、たとえ処遇に多少不満があったとしても、会社側と表だって争うことは、他ならぬ自分の後々の出世に不利になるという思惑が働いて、労使紛争の発生を未然に防いできました。今や大半の企業の全社員の3分の1が、パート・アルバイト・有期契約・派遣等の非正規社員であり、又、度重なるリストラの実施は、社員に対して「文句があるなら、遠慮しないで言わなきゃ損だ」という気持ちを起こさせています。

2.高額の裁判費用

裁判費用は敗訴者の負担となるものの、弁護士への高額な報酬はその対象外で本人負担となるため、これが労働者に対して正式な訴訟に踏み切ることを躊躇させる大きな要因でした。近年の少額訴訟制度やあっせん制度の導入により、現在労働者の正規の訴えに対する敷居は、従来と異なり極めて低いものとなっています。

3.労働者の無知

労働法に定められた労働者の権利に労働者が余り詳しくなかったことが、抑止力の1つでした。今やインターネットのキーワード検索機能を駆使すれば、誰でも詳しい法律知識を容易に入手することが可能な時代です。

4.タテ社会の秩序の崩壊

これまでは先輩後輩関係に律せられたタテ社会において、従順と忍耐が社会生活における最大の美徳とされてきました。モンスターペアレントに散々甘やかされて育ち、自己主張ばかりが旺盛で社会性や協調性、堪え性に丸で欠けるシュガー社員やクレーマー社員の登場は、これまでの労務管理では機能不全に陥るほどの大幅な職場環境の変化をもたらしております。

 

つまり「これまで、うまくいっていた」イコール「今後もうまくいくだろう」には、決してならないのです。

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:社会保険労務士
  • 佐野社会保険労務士・行政書士事務所
  • 東京都渋谷区桜丘町3-16 渋谷ビジネスガーデンビルB1F

(氏名):佐野 之泰(さの ゆきやす) (生年月日):1955年11月3日(さそり座) (血液型):A型 (趣味):ダイビング・ピアノ・旅行・読書 (学歴):東京大学経済学部卒業 (職歴):日本電気株式会社 管理部 管理課長    …

比較ビズに掲載しませんか

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP