発展する会社の共通点とは?

−会社の発展には情熱+理論が必要!−

発展する会社の共通点とは?

−会社の発展には情熱+理論が必要!−

私は今の行政書士という仕事に就く前、某大手化粧品会社に創業期の頃より入社し、その会社が上場するまで主に販路開拓の仕事に情熱を注いでまいりました。私はその発展過程とともに自身の半生を過ごし、会社が成長する過程をこの目で見、身体で経験し、どのような考え方で、どのような体制で、どういう方法で会社は発展してきたのか、その過程を31年間の長きにわたり見てまいりました。

同じ時期、私の会社にもライバルや競合会社、同じく業績を大きく伸ばしてきている会社がありましたが、そこには、やはり一つの共通点があって、どうすれば人の集合体である「会社」というものはその業績を伸ばし、成長することができるのか、その理由を考え続け、思い出し、重要な要素について20項目をまとめてみました。

それはありきたりの内容かもしれません。しかし、これを忠実に実践することこそ基礎体力のある、不況に強い、潜在能力のある企業として成長し、あるいは安定した経営が可能になるというものだと私は考えています。わかりやすくするために、以下にその会社の発展や成長の糧となった要素を20項目列挙してみます。

発展する会社の条件・要素とは

・将来のビジョンが明確であり、それを社員に効果的に伝えている。

・自由闊達な雰囲気→創業期や創業間もない開拓期には必要な、いわゆる「豪傑社員」の活躍の場があり、その力を会社の発展に寄与させることができる。

・人(社員)を大切にする(「事業は人なり」の精神、理念がある)。

事業の発展は良き協力者の存在が不可欠であることを理解。

・経営者が魅力的(寛容、おおらか、明るい、数字に強いなど、 リーダーとしての資質を備えている)。

・問題が発生したらスピーディに対応し、拡大化を防ぐために全力をあげる。

・優秀な社員を揃える、そのために会社を魅力的に紹介する。採用広告に工夫する。

・社員の人材は一定の基礎学力があれば、あとは人柄を重視する。

得意先との信頼関係の構築が容易になる。

・常に適材・適所に人材を配置するよう心掛けている。

・社員には責任をもたせ、生産性の高い若いうちから仕事を任せる。

若い世代の行動力と生産性の高さを活用し、業績向上につなげる。

・許される範囲の中で、社員には可能な限り還元する(社員が努力を惜しまない環境にあること)。

・売上、経費の予算管理がしっかりしている。

予算の作成は営業拠点が自らの計画で作成し、進捗状況のチェック、報告などの管理をしっかりとおこなわせる。

・女性社員を有効に活用している。

日本の女性は、教養、知性、営業力、事務能力など、世界トップレベルでありながら、その能力を発揮できる場が未だ少ないという実態がある。そのために、この能力を効果的に活用するという発想と土壌がある。

・女性を管理職として積極的に登用する。

・取り扱う製品や商品について、常に改良・改善をおこない、新たな商品開発を怠らない。

製品や商品には寿命があることを知り、訴求効果がなくなる前に新たな商品を生み出す。

・製品を販売する企業の場合、取り扱う商品は以下の要件を満たしていること。

―性を対象としたもの(不動産でも日用品でも購入の選択権は女性にある)

付加価値の高いもの(かさ張らず、運送や保管が容易で、かつ比較的値段が高いもの

消耗品であること(消耗品の場合、高品質なものであれば追加注文が継続する)

・常に新規顧客、新規販路の拡大について、その方法を考え、模索している。

・ライバル企業を定めて、追いつき・追い越せの社風が芽生えるよう社員に徹底している。

・ライバル企業はフレンドリーコンペティターであり、ライバル企業の誹謗・中傷はしない。

・最も有効な営業活動ができるよう、統治機構をいわゆる「大隊」「小隊」「分隊」等に分け、効率的に営業活動をおこなっている。

・会社が発展する要素は単一的なものではなく、複数の要素のシナジー効果であることを理解している。そのため、全般的な視点をもって、会社の体制づくり、販売方法などについて工夫を心掛けている。

これらの要素を忘れず、常に意識して、より上のステージを目指す努力を怠らなければ、強い体質の、発展が期待できる企業となることが期待できると私は思います。そして、根本に流れている企業精神は事業は常に人が大きくするものだという“事業(企業)は人なり”というものがあります。

       

今は会社設立、事業の構築とその発展のためにサポートする行政書士として、この過去の経験を活かし、関わらせていただく企業の皆さまのために少しでも貢献できるようなことがあれば、弊職にとっての大きな喜びであると考えております。

事業資金の融資に関すること、定款や契約書の作成、債権の回収方法、その他販売促進などの営業的なコンサルティングまで、どうぞ何なりとご相談ください!!

 

小冊子「相続・遺言の基礎知識」無料プレゼント中!!・お問い合わせ内容の入力はこちらから。

小冊子「相続・遺言の基礎知識」無料プレゼント中!!この小冊子は、弊職自らの相続経験に基づいて“これだけはおさえたい知識”をまとめたものです。もめない相続、スムーズな相続にするためには、予め知っておいた方がよい知識、知っていなければならない知識があります。そして準備をしておくことも重要です。そんな …

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:行政書士
  • 朝尾行政書士・マンション管理士事務所
  • 東京都台東区台東三丁目44番6号 スカイノブレ御徒町ビル302号

代表者 朝尾 利彦 (あさお としひこ) ・登録番号 12080486 ・東京都行政書士会 ・首都圏マンション管理士会 ・行政書士 ・入国管理局承認申請取次者(東)行12第218号 ・マンション管理士 ・管理業務主任者 ・不当要求防止責任者 所在 …

比較ビズに掲載しませんか

営業戦略

化粧品ビジネスの魅力とは?何故化粧 …

何故、いろんな企業が化粧品事業に進出するのか?化粧品ビジネスの魅力とは?私は行政書士になる前、某化粧品会社に長 …

プレイングマネージャー

前回は人事制度運用の肝についてお話をしましたが、今回も引き続き運用において重要な管理とコミュニケーションに …

儲かる営業を考える

こんにちは、大阪で活躍するコンサルタント、小橋です。私がコンサルティング活動している中で、経営者からよくこんな …

着眼大局の一つ

着眼大局〈成功のために学ぶことの一つ〉ビジネスで成功するために心得なければならないことはなんだろうか・・?「商 …

営業・販売計画

発展する会社の共通点とは?

発展する会社の共通点とは?会社の発展には情熱+理論が必要!私は今の行政書士という仕事に就く前、某大手化粧品会社 …

〜お客様に喜びをプレゼントする感動 …

1.感動接客の基本心得CS(お客様満足)も現在では、お客様の期待お店の対応結果→顧客満足「期待していたとおりだった …

■メリットとデメリット・・・デメリ …

先日、弊社クライアントが、新たに販売する商品の説明会に参加しました。 このクライアントは、メーカーではないので …

経営計画に基づかない経営が“ドンブ …

経営計画に基づかない経営が“ドンブリ経営”です。 (現実に実現した経営の数値を計画の立案と比べて、何 …

圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP