【飲食店の経営戦略】2店舗目の飲食店開業の条件

【飲食店の経営戦略】2店舗目の飲食店開業の条件

2店舗目は売上重視で考えたいです。そういうオーナーさんが多いです。でも何をどう考えれば良いのかわからないため、何かヒントを下さいという相談がよくあります。 今の店がたいへんなため少しでも有利な商売を2店舗目は考えたいのだと思います。どんな店を出すかよりも売上をまず考える。それも大事かもしれません。安易に出したい店を出すだけでなく、しっかりと売上が取れる店を出すという考え方は良いと思います。 さて、どんな店が有利かと言いますと、以下の3点です。 1.販促効果がある 2.宴会が取れる 3.新しいマーケットが取れる 販促効果がない業態や立地というのは、売上を上げるのが難しいです。日々の営業の中で常連客を作って行くしかないからです。企画を考え、いろんな販促を打って売上を上げるのが弊社の手法のため、販促は一番大事です。 次は、宴会が取れる業態がどうかです。宴会が取れない店の場合、ある程度のところで売上は止まります。特にディナーが心配になります。予約が入っているとやはり安心です。また、宴会が入ると客単価も上がりますので、どうやって取って行くか考えて行きます。 3つ目は、新しいマーケットです。テイクアウトや宅配や弁当などの販売が可能かどうかです。ある程度、売上目標に到達すると今度は新しいマーケットへの挑戦が必要になってきます。この挑戦ができると売上はさらに伸びて行きます。 自分のやりたい店を出して売上が思うように上がらず相談に来られる方が多いですが、今の店の売上が上がり黒字になれば、次の店のことが頭をよぎります。よし、今度は売上重視で利益を出そう!もう今のような苦労をするのは嫌だ!良いアドバイスを受けて計画的に進めよう!と思われるのでしょう。 是非、2店舗目の計画も考えておいて下さい。ただし、今の店を黒字にしてからです。でもこの考えるということが大切です。視野が広くなり、夢を持つことができるため、成長します。 苦労した経験を2店舗目で活かして下さい。

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズに掲載しませんか

店舗運営

第10回 モノとコト

[まくら話]あるスーパーの店長との会話。店長「ここ数年バレンタインは手造り志向ですね。それに女子高生でも、ブラ …

パチンコホール売却をご検討されてい …

悩めるパチンコホール経営者の皆様へ初めまして。公認会計士・税理士の海津(かいづ)と申します。後継者がいない、超 …

どうなる? 大規模書店の戦略は・・ …

どうなる?巨大K書店の戦略は・・・??? 消費者(ヒト)の注目を浴びて寄ってくるようにすることが営業の基本だ! …

人材育成とは(第3回):段階法

こんにちは! 人材育成論(第3回):段階冒即戦力を作りたいか、中期的戦力を作りたいか〜 と、いったテーマで …

業績向上

「民泊」の問題と「空き家」の有効活 …

民泊事業と「空き家」の関係、その問題点と将来性は? 1.「民泊」がクローズアップされた背景とは 現在、か …

第四回:外部環境分析と内部環境分析

第三回目では「ありたい姿を導く分析手法として」SWOT分析とBSC分析の概要について紹介をした。前回SWOT分析は …

BI(ビジネスインテリジェンス)コン …

昨今話題になっている[BI(ビジネス・インテリジェンス)]、企業内に存在する大量のデータを分析し、経営に活かすこと …

着眼大局の一つ

着眼大局〈成功のために学ぶことの一つ〉ビジネスで成功するために心得なければならないことはなんだろうか・・?「商 …

確定申告を依頼するなら比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP