【小さな飲食店の危ない経営戦略】売れなくなると何でもやる?

【小さな飲食店の危ない経営戦略】売れなくなると何でもやる?

たこ焼きにおでん、売れなくなると始める方がおられます。
店頭の通行量もそこそこあるので売れるのではないかと思われるのでしょう。
 
もし、たこ焼きやおでんを始められるのであれば、
本気でメニューづくりを行って販売しないと売れないでしょう。
家庭の延長では厳しいです。
プロが作ったとわかるようなものを作らないと売れません。
 
それと本業の方は大丈夫なのでしょうか?
本業のテコ入れをせず、新たなことをしても業績は回復しないと思います。
 
また、周りでたこ焼きやおでんが売れてそうに見えても実はロスが発生しています。
作ったけれども売れなかった場合、ディスカウントして売るか、自分で食べるか、廃棄です。
 
それに単価の高い商品ではないため、そんなに儲かりません。
儲かるくらいになろうと思えば、1日100人くらいのお客様が購入されないと難しいです。
 
周りが上手く行ってそうに見えるものは、自分でもできるのではと思いがちです。
ところが、売れてそうに見えてもいろいろ苦労されています。
外からは見えないだけです。
 
やるのなら片手間にやるのではなく計画的に、本格的にやられることをおすすめします。
いろんなことを研究し、試食を繰り返し、よしこれで行こうというくらいのレベルになって初めて販売です。
 
本当にもし始められるのならば1年間くらいの研究期間が欲しいです。
 
売上が下がって来るとメニュー数を増やしたり、新しいことをされる方がおられます。
それでも売上が上がらなかったらさらに増やされます。
いろんなものを提供すれば、お客様にとって便利であり、楽しいのではと思われるのでしょう。
 
ところがすべてが中途半端になってしまう可能性があります。
勝負するメニューをしっかりと決めて提供していかないと商品のレベルが上がりません。
 
何でも屋が一番苦戦すると言われます。
売上が下がって来たらまず今のメニューのブラッシュアップが大切です。
それでも余裕がある場合のみ、新しいものにチャレンジされた方が良いと思います。

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズに掲載しませんか

営業戦略

化粧品ビジネスの魅力とは?何故化粧 …

何故、いろんな企業が化粧品事業に進出するのか?化粧品ビジネスの魅力とは?私は行政書士になる前、某化粧品会社に長 …

プレイングマネージャー

前回は人事制度運用の肝についてお話をしましたが、今回も引き続き運用において重要な管理とコミュニケーションに …

儲かる営業を考える

こんにちは、大阪で活躍するコンサルタント、小橋です。私がコンサルティング活動している中で、経営者からよくこんな …

着眼大局の一つ

着眼大局〈成功のために学ぶことの一つ〉ビジネスで成功するために心得なければならないことはなんだろうか・・?「商 …

マーケティング・集客戦略

正しいSEO対策の考え方

最近SEO対策をする業者さんが特に多くなってきたように感じますが、みなさんSEO対策の考え方 …

第10回 モノとコト

[まくら話]あるスーパーの店長との会話。店長「ここ数年バレンタインは手造り志向ですね。それに女子高生でも、ブラ …

■これだけでレスポンスは大幅にアッ …

先日、嬉しい報告をいただきました。 住宅設備関連のクライアントからです。 過去に何度か新聞折込チラシをやった …

一人会社で起業する場合の事業計画

失敗しない起業のための事業計画作成方法あまりにも無計画・・・・当事務所は、起業支援特化型の会計事務所です。この …

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP