飲食店を造るうえでの要とは

ストレスのない店舗運営のために

飲食店を造るうえで、大きなウェイトを占めるのが、水を流せる湿式厨房とするのか、水の流せない乾式厨房とするのか。湿式厨房は、水をジャバジャバ流して清掃できるので、油を使用する飲食店においては特に必須となります。油はそんなに使用しないし、モップ掛け程度の掃除で充分清潔さを保てるというなら乾式厨房もありです。防水性のある床材を仕上げに敷き込めば、特に問題ないでしょう。

では、湿式厨房を造る場合のポイントはどんなところにあるのでしょうか。

まずは、何といっても防水区画を形成する下地です。ひどい会社は、軽鉄下地に耐水ボードを張っただけの下地に防水をかけてしまうところもあります。確かにコストは安く上がりますが、数年のうちに防水が切れてしまう可能性があります。安易な施工の下地に防水を掛けてもその場限りのものとなるのは間違いありません。コストを重視したために、数年後漏水事故を起こし、休業、下階の営業にも迷惑をかけてしまう場合もあります。

弊社は、可能な限り強い下地を作るために、重量ブロックを使用し、縦の鉄筋も1本ずつ入れていきます(通常の業者は軽量ブロック積、縦鉄筋のピッチも2本おきとするところが多いようです)。地震等で防水が切れてしまうことの無いように、考えうる限り最強の下地造りを徹底しています。

飲食店造りは、表面的なコスト以外にも出来上がってしまうと目につかない部分にどれだけ気を配るかが後々のトラブルを防止するうえでも非常に重要になってきます。その部分に於いてのコスト増は、必ず数年後(5年以上)に大きなトラブルを引き起こすか起こさないかの重要なファクターとなるはずです。

最近投稿された他のコラム

ビジネスコラム提供者情報

  • 店舗・オフィス建設
  • ユナイテッドファイブ株式会社
  • 東京都練馬区豊玉北5−25−22-2F

東京都練馬区に所在する、店舗・商業施設・オフィス内装のスペシャリスト。デザインから施工まで一貫してお手伝いしております。 シンプルでローコストな仕上げから、最新の映像コンテンツを取り入れた内装から、伝統工法・自然素材をあしら …

比較ビズに掲載しませんか

オフィスデザイン

オフィスデザイン(内装)の一つ、エ …

一言でオフィスデザインと言っても、様々な取組みがあります。 その中でもコーポレートイメージを確かに伝えるために …

飲食店を造るうえでの要とは

飲食店を造るうえで、大きなウェイトを占めるのが、水を流せる湿式厨房とするのか、水の流せない乾式厨房とするのか。 …

施工事例

〈焼き菓子店〉住宅の屋内駐車場を店舗厨房に改築。      〜施工前〜〜施工後〜   &nb …

郊外型飲食店舗

レストランCOCO’SBIGBOY

経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP