プレッシャー

「お願いします」っと言ってもらうには

夢屋でリフォームされるお客様は50歳代〜70歳代までの方が多いです。

40歳代のお客さまだと、「若いな〜」って思っちゃいます。

感覚が麻痺してるんでしょうね。

 

ですから、

30〜40歳代の方とは家に対する考え方が変ります。

 

家には1つ1つ、様々な思い入れや、物語があります。

 

/童罎気鵑ら家を引き継いだ方

⊆磴ず△剖賚して建てた方

C羝貼斬陲鮃愼された方

思い入れや、物語が沢山詰まってるのは、´△両豺腓任后

ご相談を依頼されてから、最終的にご契約いただくまでに少なくとも2・3多い時には10回以上、打合せやプレゼンをさせていただきます。

 

初回はご希望を聞いたり、住まいに対する夢を話していただいたりで、物語を詳しく聞くことはありません。

 

しかし、回数を重ねるごとにお互い緊張感もなくなり、雑談の時間が多くなります
(個人的には、この雑談の時間が大好きです!)

雑談が多くなると、

・子供が小さかったときの話

・ご夫婦の思い出

・新築の時の建築の話

・家を買うために苦労した話

 

色々な「思い」を聴くことができます。

大きなリフォームをされる事は覚悟や決意が必要になります。

 

新築をされる際も同じでしょうが、お客様(50歳代〜70歳代)が、リフォームをしようって思って、まず考える事は、


・終の棲家になる家自体の輪郭

・家族とのコミュニケーションの取り方

・個人個人のライフサイクル

・設備機器が新しくなる期待

 

そして、実行段階になると・・・

・どこの会社に注文するのか?

・こちらの希望を叶えてくれるのか?

・私達家族にとって1番使い勝手のいい間取りになるのか?

・構造や材料は安全なものなのか?

 

・・・・他にも価格や担当者の人柄等、検討しなければいけない事は多岐に渡ります。


そんな、思い入れを汲み取り、最善のプランを出せるかどうかは、リフォーム屋の力量に関わってきます。

 

私は現在38歳。

 

リフォームされるお客様からみると、まだまだ「ひよっこ」です。

 

みなさんの思い入れがたっぷりな家を扱う事は、毎回プレッシャーが付きまといます。

 

お客様も他所の建築会社や工務店と比べられる事もありますし、何回か工事をさせて頂いた事のあるお客様からは、

 

「家の事は高坂さんにお願いします」

 

と言っていただける方もおられます。

 

すごくありがたい事です。

 

人生でも数える程しかない高額を使っていただく事になるリフォーム。

それなりに建築も勉強してるつもりですし、

 

リフォームに関しては

 

「任せてください!」

 

って胸を張って言っております。

そんな思いを自分にしていただいているという事を噛み締めながら、毎回図面や見積りを作成しております。

最近投稿された他のコラム

ビジネスコラム提供者情報

  • 建設業:施工・工務店
  • リフォーム工房夢屋
  • 福岡県北九州市戸畑区新池2-6-28

福岡県北九州市にある、総合リフォーム建築士事務所です。 北九州市近隣をメインに、店舗・住宅・オフィスのデザイン/設計施工/メンテナンスを主に営んでおります。 打ち合せから設計・施工監理・アフターメンテナンスまで一貫して選任担当 …

比較ビズに掲載しませんか

接客・サービス

〜お客様に喜びをプレゼントする感動 …

1.感動接客の基本心得CS(お客様満足)も現在では、お客様の期待お店の対応結果→顧客満足「期待していたとおりだった …

FileMaker 活用法:第1回 iPadを店 …

先日、青山から外苑前の道を散策していると自動車ディーラーのテスラモーターズでモデルSというEVの試乗 …

嫌われる覚悟

リフォームで各種商品を検討する際、 主に定価の決まっている商品 IHクッキングヒーター インターホン 食 …

■相手の立場になって考えていますか?

よく「相手の立場になって考えなさい」と言います。 商売であれば「お客様の立場になって考えろ!」ということです …

技術ノウハウ・研修

プログラム言語教育について

プログラム言語教育は 基礎コース応用コース実践コースに分けると、実践に行く程、何故、時間が長いのでしょう。 …

数理計画法

線形計画法は、線型方程式や線形不等式で与えられる制約条件の基で、線形の目的関数を最大あるいは最小化するものです …

クレーム産業

「リフォーム業はクレーム産業」 と言われる事があります。(このごろは少なくなってきたような) 昔に比べると、 …

圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP