売上増進策

戦略的節税 ・ 売上増進

売上増進策

 いうまでもなく、会社を経営する限りは、売上、利益を上げキャッシュを増やし、関係者にその配分をし続けなければなりません。

 会社は儲けることを義務づけられた組織なのです。
  
 しかし、儲けるということは、なかなか大変なことです。しかも、継続的に儲け続けるということは、もっと大変なことです。
  だから、私も継続的に研究を続けているところです。今は、特に神田昌典氏のノウハウに興味があり、勉強、実践しています。


以下は、いろいろ研究しているものをランダムに記述したものです。よろしければご参考までに読んでみて下さい。

 *ビジネスに成功法則があるとすれば、それは行動することである。ちょっとした行動
  が、事業を大きく動かす。


 *ビジネスは仮説と検証である。テストを繰り返すしかない。

 *小予算顧客獲得法を採用する。

 *ダイレクト・レスポンス・マ−ケティングを実践する。

 *市場の情報を、販売テストを通じて常に把握する。
 *顧客タ−ゲットを明確にする。

 *プロは一生勉強を止めない。

 *どうすれば売れるのかを考えるのではなく、どうなればお客様は買うのか、を考える。

 *お客様が、自分がどんな人間かを理解し、プロとして信頼し、いつも記憶してくれているような状況を作る。 

 *商品やサ−ビスを買うのは、いつの時代も生身の人間である。
 

 *これからの時代は、なんでもない普通の商品を売る力が必要であ
る。 

 *フロントエンド商材とバックエンド商材をうまく使い分ける。
 

 *ライバルは競合店ではなく、頭を使わないという怠惰心である。


 *商品をシリ−ズ化して、売上の増進を図る。  

 *ただ単に商品を売るのではなく、サ−ビスや情報をパッケ−ジ化し
て利益を高める。 

 *人間のエネルギ−は無限である。限界を決めているのは、自分自
身である。

 *お客様は安い価格よりも、信頼できる営業マンから購入する。

 *お客様にとって、役に立つことができるかどうかを聞けばいい。 

 *自分の店の魅力ではなく、他店より勝ち目のある点はどこであるか
を掘り下げる。

 *負け戦に参戦してはいけない。

 *無料でできるマスコミの活用があるのに、ほとんどの会社がその方法を知らない。

 *セ−ルスは説得する技術ではない。質問する技術である。

 *今までの常識を振りかざすと失敗する。

 *業界の常識を破れば破るほど、利益率が上がる。

 *賢者は誰でも売れる商品を扱う。

 *成功している人の全てをマネすれば、必ず成功する。

 *ミッションが明確でない会社は、いつになっても儲からない。

 *商品がどんなに優れていても、それがお客様に伝わらなければ売れる訳がない。

 *すべての欠点は長所である。

 *購買判断基準はお客様が持っているものではなく、自分が教えるものである。

以上、これらはほんの一部ですが、売上増進策となっております。

しかし、
「具体的には何をしていいかわからない」
「思うように売上がなかなか行かない」

という方。まずは当事務所の【お問合せ】をお試し下さい。

黒字決算に導く帳簿付け・節税対策をご提案します【お問合せ】

顧客の8割がIT業界!ソフトウェドT業界に特化した税理士です【既に顧問税理士がいる企業様へ】経営視点からアドバイスがもらえない事務的な作業しかしてもらえない赤字決算が続いているなど、今の税理士様に不満はございませんか?当事務所は、経営者様の立場に立ち、売上、利益を伸ばされお金が増え、会社が発展され …

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:税理士
  • 番場厚夫税理士事務所
  • 東京都小平市鈴木町2-161-13

会社経営は生活の基盤であり、唯一の収入源です。会社経営に失敗すると、みんなが不幸になります。 だからこそ、強固な会社基盤と売上増進が必須となります。 常に社長様とお話をし、協力して会社を発展させていきたいと考えています。みん …

比較ビズに掲載しませんか

経営管理

有給休暇と残業の関係

【有給休暇と残業の関係】有給休暇を取得した社員に、必要以上に多くの残業代を支払っている会社を良く見かけます。そ …

メンタルヘルス・ストレスチェック制 …

メンタルヘルス制度対応のためのセミナー 〜ストレスチェック制度対応の失敗防止対策〜 【セミナー情報】 日  …

商売で失敗して、借金を抱えたいです …

商売で失敗して、借金を抱えたいですか??? 商売にはタシ算だけでなく、ヒキ算もあります。 それが、ドンブリ経営 …

債権回収の方法と心得について

債権回収にとって重要なポイントとは?早期の対処、一歩進んだ行動の実践事業を運営していると避けては通れない未 …

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP