消費税率のUPはうちの会社にとって・・・

消費税率のUPの影響はどうなる???

消費税率の上げが議論されています。消費税率がUPすると、各会社にとってどのような影響があるのでしょうか?

100万円売上げたら、お客さんからは消費税分5万円もらい、経費支払いとともに支払った消費税3万円を差し引いた残りの2万円を国に納める、というのが、消費税の基本的仕組みです。「預かったっもの」から「払ったもの」を引き、残りを納めるのだから、会社の損益計算には影響しないはず、です。

でも、です。消費税率がUPすれば、営業の現場では「消費税のUP分は値引きしてよ。」ということがしばし起こるのではないでしょうか???

そこで「いや、そんな値引きはできないから売るのをやめる」という会社と、

「お客をなくしては大変だから、しょうがなく受け入れる」という会社に分かれると思います。前者なら、消費税UPも関係ないということですが、

後者ですと、消費税UPだけ値引きが増える=売上が減少するということになります。要は、顧客との関係で、強気に出られるかそうでないか(消費税上昇分を転嫁できるか否か)で、影響は異なるということです。

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:税理士
  • 早川公認会計士税理士事務所
  • 栃木県小山市駅南町5−3−22−101

東京・埼玉・栃木を営業地域に税理士業務を幅広く提供しています。 真摯かつ誠実をモットーに、親切丁寧な仕事を心掛けています。 代表者は40代で、公認会計士業務・税理士業務に十分な経験があります。 監査法人、弁護士事務所、司法書士 …

比較ビズに掲載しませんか

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP