相続問題 相続税と生前贈与

財産を的確に把握して、有利な相続を!

相続と生前贈与 今とこれから。

まず相続の際にかかる相続税ですが、これは、相続する金額(相続財産)から基礎控除額を引いた額にかかります。 相続する金額が基礎控除額より少ないのであれば、相続税を支払う必要はありません。 つまり、基礎控除額を超えた金額に相続税はかかってきます。

● 基礎控除額の算出方法=5000万円+(法定相続人の人数×1000万円)

★例 法定相続人が3人いる場合の基礎控除額は、5000万円+3000万円=8000万円となります。 したがって、仮に相続財産が全部で1億円あったとすると1億円−8000万円=2000万円について、それぞれの取り分に課税されることになります。相続財産が8000万円以下の場合は、それぞれの相続人は税を支払う必要はありません。一般的には、相続税を支払うケースというのは、豊富な資産をお持ちの方(富裕層)、いわゆる「お金持ち」が支払っているのが現状です。相続財産を試算して、そこまでの財産ががないというなら、現行の税制では相続税の心配をする必要はないと思います。 一方、贈与についてですが、贈与税は以下の形になっています。

贈与には「暦年課税」と「相続時精算課税」があります。「暦年課税」というのは、その年の1月1日から12月31日までの1年間に個人から贈与を受けた財産の合計金額から、 基礎控除額を控除した残額に課税されます。基礎控除額は年間 110万円です。110万円以内であれば贈与税はかかりません。 1人につき110万円なので、110万円以内であれば何人にでも贈与できるというものです。また「相続時精算課税」というのは、相続時に税額を精算して支払うものですが、その年の1月1日から12月31日までの1年間に個人から贈与を受けた財産の合計金額から、 2500万円の特別控除額を控除した残額に、20%の税率をかけた金額の合計が贈与税額となります。 しかし、財産を相続する時には、贈与金額と相続金額の合計に相続税がかかってきます。

 ※65歳以上の親から20歳以上の子への贈与にだけ適用される税制です。 様々なケースがありますので、一概にどちらが有利ということはできませんが、上述のとおり、現行の相続税制において、相続税がかかってくるほどの財産でなければ、税の心配がありませんので、生前贈与などの方法をとる必要はないと思います。

ところが、この相続税制の改正が予定され、この改正相続税制が施行されると相続の基礎控除額の計算方法が以下のようになります(改正相続税制の施行は2015年が目処とされています)。

●基礎控除額の算出方法=3000万円+(法定相続人の数×600万円)

 

これを上記の例(法定相続人が3人いる場合)に当てはめてみますと、例えば、8000万円の財産があった場合、基礎控除額=3000万円+(3×600万円)=4800万円

8000万円−4800万円=3200万円が課税財産となり、この3200万円のうち、取り分に応じて相続税が発生することになります。したがいまして、今後は自身の財産額を的確に把握したうえで、状況に応じて生前贈与をおこなっておいたほうが有利な場合もあるかと思われます。改正相続税制が施行されますと、これまでいわれていた「相続税は富裕層だけが対象」というイメージはがらりと変わるといわれておりますので注意が必要です。

小冊子「相続・遺言の基礎知識」無料プレゼント中!!・お問い合わせ内容の入力はこちらから。

小冊子「相続遺言の基礎知識」無料プレゼント中!!この小冊子は、弊職自らの相続経験に基づいて“これだけはおさえたい知識”をまとめたものです。もめない相続、スムーズな相続にするためには、予め知っておいた方がよい知識、知っていなければならない知識があります。そして準備をしておくことも重要です。そんな思 …

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:行政書士
  • 朝尾行政書士・マンション管理士事務所
  • 東京都台東区台東三丁目44番6号 スカイノブレ御徒町ビル302号

代表者 朝尾 利彦 (あさお としひこ) ・登録番号 12080486 ・東京都行政書士会 ・首都圏マンション管理士会 ・行政書士 ・入国管理局承認申請取次者(東)行12第218号 ・マンション管理士 ・管理業務主任者 ・不当要求防止責任者 所在 …

比較ビズに掲載しませんか

経営管理

有給休暇と残業の関係

【有給休暇と残業の関係】有給休暇を取得した社員に、必要以上に多くの残業代を支払っている会社を良く見かけます。そ …

メンタルヘルス・ストレスチェック制 …

メンタルヘルス制度対応のためのセミナー 〜ストレスチェック制度対応の失敗防止対策〜 【セミナー情報】 日  …

商売で失敗して、借金を抱えたいです …

商売で失敗して、借金を抱えたいですか??? 商売にはタシ算だけでなく、ヒキ算もあります。 それが、ドンブリ経営 …

債権回収の方法と心得について

債権回収にとって重要なポイントとは?早期の対処、一歩進んだ行動の実践事業を運営していると避けては通れない未 …

経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP