ブルーカラーとは

ブルーカラー(Blue-collar :青い襟のこと・色|色彩を意味する color ではない)は、主に現場の作業員など現業系や技能系の職種で、業務内容が主に肉体労働が主体である者を指す。対義語はホワイトカラーが挙げられる。

なお研究開発や製造職の品質管理(品質保証)を行う職種などいわゆる理工系大・院卒が占める理系職は除かれる(これらの職種はメタルカラーとする考え方もある)。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP