資材所要量計画とは

資材所要量計画(しざいしょようりょうけいかく)とは工場などで使われる生産管理手法の一つ。
MRP(Materials Requirements Planning)とも呼ばれる。
在庫管理で生産を管理する手法のこと。
MRPの概念を発展させて、企業全体の在庫、決済、資産の管理を行うようにしたのが企業資源計画|ERP(企業資源計画)である。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP