エコマークとは

エコマークは、環境保全に役立ち、環境への負荷が少ない商品のための目印である。環境ラベリング制度のひとつ。消費者が、暮らしと環境との関係について考えたり、環境に配慮された商品を選ぶための目安として役立てられることを目的としている。

このマークは、環境省所管の財団法人日本環境協会によって1989年に制定された。現在は、国際標準化機構(ISO)環境ラベル表示のType1として運営されている。使用するには、協会の認定及び契約が必要となる。また、エコマークは、財団法人日本環境協会の登録商標でもある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP