5Sとは

5S(ゴエス)とは、製造業やサービス業などの職場環境維持改善で用いられるスローガンである。各職場において徹底されるべき事項で、整理・整頓・清掃・清潔・躾(習慣化の場合もある)の5項目を指す。5Sという名前は、これら5項目が、いずれも日本語での頭文字がSとなっている事に由来する。

5Sに基づいた業務管理を5S管理、5S活動などと呼ぶ。

5S自体による効果は職場環境の美化、従業員のモラル向上などが挙げられる。5Sを徹底する事により得られる間接的な効果として、業務の効率化、不具合流出の未然防止、職場の安全性向上などが挙げられる。これは、整理整頓により職場をよく見るようになり、問題点などの顕在化が進むためであるとされる。

元々は日本で生まれた概念だが、近年では海外(特に日本の影響が強い分野で)でも広まっている。

東芝とその系列会社では、5Sにさらに「しっかり」、「しつこく」を追加して「7S」とすることがある。
プロトコーポレーションでも7Sとしており各フロアーで掃除管理人を定めている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「5S」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP