IDEFとは

IDEFとは、1970年代から1990年代にかけて開発された統合化のため定義手法の総称であり、標準のモデリング手法として利用されている。IDEF手法には、事業の仕組みを機能的側面、情報/データ的側面、作業プロセス的側面など様々な観点から知識獲得しモデル化する幾つかの表現形式と方法論を組み合わせた手法が存在している。特にIDEF0は事業の活動に着目したアクティビティ・モデリング手法であり、 IDEF1X はそれらの活動で必要とされる情報やデータを統合化するための実体関連図 (ER図) に基づくデータモデリング手法であり、これらは米国のNIST(アメリカ国立標準技術研究所)におけるFederal Information Processing Standards|FIPS(Federal Information Processing Standard)として国家標準になっている。IDEF0のアクティビティ・モデリング手法は、これに優る手法論は存在しないと評されており欧米では業務改革の手段として活用されている。一方IDEF1Xは統合化されたデータベースの設計手法として実体関連モデル (ERモデル) あるいは実体関連図 (ER図) の表記法としてIT分野で一般化している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP