構成管理とは

構成管理(こうせいかんり、Configuration Management)とは情報技術や通信におけるシステムの構成を管理すること。構成制御(こうせいせいぎょ、Configuration Control)とも呼ぶ。システム管理の一部である。

== 概要 ==
「構成管理」は以下のような意味を持つ。
情報システムの開発から運用終了までを通しての、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、文書|文書化、テストなどによる変更を考慮した機能の一貫性を保証する管理。「ソースコード管理」または「バージョン管理システム|バージョン管理」もこれに含まれる。
システムのライフサイクルを通しての、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、文書化などによる変更を制御・記録すること。
複雑なシステムの拡張の制御と適応。ソフトウェア製品の改良・発展を何らかの制御下で行うための規範であり、品質保証と納期を守ることに寄与している。ソフトウェア構成管理(SCM)は2つの分野に分けられる。第一に、ソフトウェア開発プロジェクトの成果物の管理に関する分野であり、コンポーネントリポジトリ管理とも呼ばれる。第二に開発作業や修正作業の活動そのものに関する分野であり、エンジニアリングサポートとも呼ばれる。
通信やコンピュータシステムの構成を行った後になされるシステム構成物の相互関係や構成に関する評価と承認。
:en:Distributed-queue dual-bus|DQDBネットワークでは、全ノードのリソースが正しいデュアルバス構成になっていることを保証する機能を意味する。この機能はバスのヘッド、外部タイミングリソース、デフォルトスロット生成機能などの管理も含む。

Information Technology Infrastructure Library (ITIL)、能力成熟度モデル統合 (CMMI)、Netconfも参照されたい。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP