プロジェクトマネージャとは

プロジェクトマネージャは、プロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を持つ職能あるいは職務。

プロジェクトマネージャには、系統的な経営管理能力は勿論、透徹とした質問を発し、暗黙の前提を発見し、プロジェクト構成員の意見をまとめ上げる能力が必須となる。

プロジェクトマネージャの職務に於いて鍵となるのは、プロジェクトの実行に影響を与えるリスクを認識することと同時に、そのリスクをプロジェクト期間を通じて公式・非公式に見積もらなければならないことを理解することである。

リスクは主として不確実性から発生する。(プロジェクト管理においては、この不確実性そのもののことをリスクと呼ぶ。) そして、主な関心事としてリスクを集中して取り組むことが、成功するプロジェクトマネージャの条件と言える。 また、プロジェクトに影響を与える問題の多くが様々なリスクから起こる。優れたプロジェクトマネージャは、開かれたコミュニケーションの方針を順守し、全ての重要な関係者に意見と関心を述べる機会を与えることで、時としてリスクを減らすことに成功する。

以上より、リスクをコントロールし不確実的ながら極小化させることで大なり小なり意思決定に責任を持つのがプロジェクトマネージャだと言える。 プロジェクトマネージャによって下されたあらゆる決定は、直接プロジェクトに資する方法で下されるべきである。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP