最高財務責任者とは

最高財務責任者(英語表記 Chief Financial Officer) とは、企業において財務部門のトップに立つ人物である。英語表記の略称CFO(シー・エフ・オー)と表記する場合が多い。

CFOは、CEOやその下に位置するCOOと並んで、いわゆる米国型企業統治における役職名である。日本企業における、財務部長・財務本部長とほぼ同じ意味である。多くの場合経理部門の責任者を兼ねる。取締役会のメンバーである場合が多い。キャッシュフローや投資の管理、経営計画策定における数値的裏付けの作成と管理など、業務範囲は多岐にわたり、文字通りCEO・COOの「片腕」ともいうべき存在である。 なお、現在の日本では法的にCFOを定義する法律は存在せず、CEO等と同様企業の内部呼称でしかない。

外資系の企業で日本法人が中小規模の場合、実際には経理、総務等の管理部門全体をとりまとめるCAO(Chief Administrative Officer、最高管理責任者)の職にある者が、対外的なわかりやすさを優先してCFOを名乗る場合もある。また、外資系企業においてはCPAあるいは公認会計士、あるいはMBAなどの資格を持ち、会計事務所での勤務経験がある人物が外部から招聘されてこの職に就くことが多いが、日本企業では経理部門・財務部門からの内部昇格によって就任することが多い。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP