三利の利

事業展開の指針つくり

  • 東京代表厳選税理士
  • 税理士の見直ししませんか?
  • 経営改善 売上アップ コスト削減

三利の利

  

新事業への展開指針づくりの際に、ご利用ください。

  

事業革新のポイント

*******************************

   

事業革新の最も重要な点、当然結果への影響も甚大となります。

  

今後、各事業領域をどのように展開するか?

すなわち、事業展開指針の構築です。

  

現状の事業を再評価し、今後強化する事業、現状維持する事業、今後縮小または撤退する事業を決めることです。

  

今後強化する事業の中には、現在は参入していないが、今後、参入し、拡大させたい事業も含まれます。

  

現事業領域の評価

*******************************

  

先ず、現展開中の事業、商品、サービスの評価が必要となります。

  

最も多用され、利用しやすい評価法はBCGの開発したPPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)分析です。

  

一方の軸にその事業、商品、サービスが属する「市場の魅力(伸び等)」、他方の軸にその市場での「自社の強弱」を指標とし、その位置をプロットすることにより、各事業、商品、サービスの展開現状が把握できます。

  

新事業領域はどのように

*******************************

  

では、次に、新分野への展開を検討する際の事業領域はどのように決めれば良いのでしょうか?

  

「三利の利」を、お勧めします。

これは、下記3領域の重なる部分を云います。

ー社資源の利

∋の利

C呂陵

  

当然、自社技術、設備、ロケーション等の自社が持つ資源が、競争優位にあることが、必要です。

  

次に、世の流れに、逆らい進むには、抗し難い困難が伴い、あまり良い選択とは云えません。この点から、単に現状の流れのみでなく、近未来を含めた時代の流れを読む必要があります。

  

最後に、「地の利」とは、読んで字の如く、立地する地域の活用可能な資源を意味します。

競争企業に対し、自社がその利用条件に優位性を持つ、その地の強みを云います。

  

多くの場合は、その企業が立地する市町村単位の強みを云いますが、製造業のように、

国際競争が大勢を占める分野では、諸外国に対し優位性を持つ、日本の文化、技術として「地の利」を捉える必要性もあります。

  

「時の利」はどこに

*******************************

  

「自社資源の利」、「地の利」は、それぞれ、お考えいただくとして、ここでは「時の利」をどのように、捉えればよいのか この点に焦点を当てます。

  

この頃は、IT業界のドッグイヤーに押され、パソコン性能を筆頭に、世の中の多くのものの変化が早くなっています。 

  

家電商品、自動車等でも、従来であれば、新商品の開発サイクルは、5年程度ありましたが、この頃では2〜3年に短縮し、この開発スピードが日本企業の国際競争力の源泉にもなっています。

  

このように変化の激しい時代、今の状況を把握することも、ままならず、ましてや10年先と云えども、未来を想定することなどは、かなりな困難を伴います。

  

このような場合、逆に、過去を振り返り、その頃どうであったかを思い浮かべることが有効です。 過去を思い浮かべることにより、未来への糸口が見えます。

  

PEST分析(政治、経済、社会、技術)の各視点と、時間軸(過去、現在、未来)とで、できるマトリックスの各ゾーンを埋めます。

  

この際、既に判明している(過去、現在)のゾーンを埋め、今後の展開で重要性を持つであろうキーワード(例えば、ロハス等)をベースに、未来ゾーンを埋めることとなります。  

  

***********************************

関連テーマへもどうぞ

40年前に、芽はあった」、「未来技術はどこに

***********************************

 

企業内セミナー「開発力を強化する」お申し込み

企業内セミナー「開発力を強化する」1社/1ヶ月限定にての特別価格で受け賜ります。「開発力の強化」にご関心のある、企業経営者さま、管理者さま向けです。「開発力を強化する」には、何を、どのように進めれば、良いのでしょうか?経営視点から見る「開発力の強化」とは?先着順とさせていただきます。特別価格4万円/2 …

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • (有)関西中小企業研究所
  • 大阪府泉南郡岬町淡輪1694-85

(有)関西中小企業研究所は大阪に拠点を置き活動する中小企業診断士の事務所です。 企業の未来創りを応援しています。 今後の発展が期待できる分野に足掛かりを創り、新事業展開を図りたい。 新製品・新技術開発の推進により、更には、新事 …

比較ビズで見積もりしませんか

経営管理

有給休暇と残業の関係

【有給休暇と残業の関係】有給休暇を取得した社員に、必要以上に多くの残業代を支払っている会社を良く見かけます。そ …

メンタルヘルス・ストレスチェック制 …

メンタルヘルス制度対応のためのセミナー 〜ストレスチェック制度対応の失敗防止対策〜 【セミナー情報】 日  …

商売で失敗して、借金を抱えたいです …

商売で失敗して、借金を抱えたいですか??? 商売にはタシ算だけでなく、ヒキ算もあります。 それが、ドンブリ経営 …

債権回収の方法と心得について

債権回収にとって重要なポイントとは?早期の対処、一歩進んだ行動の実践事業を運営していると避けては通れない未 …

新規事業

会社の設立手続き(詳細 

“起人の決定 発起人(会社設立にかかわる中心的人物)を誰にするかを決めます。発起人は1人でもよいです。発起人に …

【起業開業の注意点】起業は誰にでも …

起業することはそれほど難しいことではないと思います。資金を貯め、計画を練って進めればできると思います。 た …

期待される新市場

期待される新市場   米出版社協会の発表によると2010年上期の米国での書籍売上高に占める電子 …

比較ビズで一括見積もりしませんか?

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP