東日本大震災の被災者のうち160万人が3月末までに確定申告をしていた

「平成22年分の所得税、個人事業者の消費税及び贈与税の確定申 …

東日本大震災の被災者のうち約160万人が、
平成22年度分の所得税・個人消費税・贈与税の確定申告を3月末日までに
行っていたことがわかりました。

国税庁がこのほど公表した
「平成22年分の所得税、個人事業者の消費税及び贈与税の確定申告状況」
で明らかにしています。

国税庁がまとめた
「平成22年分の所得税、個人事業者の消費税及び贈与税の確定申告状況」
によると、「東日本大震災により青森県、岩手県、宮城県、福島県及び
茨城県の5県については、国税の申告・納付等の期限が延長されているが、
今回の資料においては、これらの地域の申告事績を含めて取りまとめている」としています。

そして、その被災地5県の申告状況について
「平成23年3月末日現在の所得税の確定申告書を提出した人員は、
約160万人(対前年比約89%)となっていた」ことを紹介。

被災者の多くが日頃から“早期申告”に努めていたことがわかるデータと言えます。

ちなみに、今回の国税庁が公表した同確定申告状況を見てみると、
平成22年分の所得税の確定申告書を提出した人員は2,315万人で、
平成21年分(2,367万4千人)より52万4千人(▲2.2%)減少し、
2年連続で減少しています。

そして、確定申告書を提出した人員のうち、
申告納税額のあるもの(納税人員)は702万1千人(対前年比▲2.2%)で、
その所得金額は34兆6,958億円(同▲2.0%)、申告納税額は
2兆2,431億円(▲1.3%)となっています。

さらに、事業所得者について見てみると、
納税人員は142万9千人(同▲2.9%)で、所得金額は5兆6,346億円(同▲1.5%)、
申告納税額は4,873億円(同+0.4%)といった状況です。

また、今回は還付申告者が6年ぶりに減少した点も特徴のひとつです。

平成21年分の1,299万3千人よりも32万人少ない
1,267万3千人(対前年比▲2.5%)が還付申告を行っていて、
これは平成16年分以来の前年割れとなっています。


桑澤会計事務所では


「長期にわたる景気の不安定化(商品ライフサイクルの急変)」
「値下げ等競争の激化」「雇用環境の変化」「金融情勢の変化」等の中で、
企業の経営者が生き残りをかけて、状況を正確に見抜き、
かつ適時適切に行動を起こすべき課題はたくさんあります。

桑澤会計事務所では、「中小企業の経営者の皆様とともに生き抜く、
そのための適時・適切な情報のご提供」を理念として、
特に管理面からのサポートを行っております。

将来の目指す姿を明確にして、それに向かって現状を変えていく、
「経営改善・経営革新」行動の実践のため、様々な情報・ツールを
ご提供しております。

京セラの稲盛名誉会長は、
「人生の真理は懸命に働くことで体得できる=ど真剣に生きる」と
おっしゃられておりますが、弊所でも中小企業の経営者の皆様への
ど真剣なるサポートをモットーに、業務を行っております。

その結果として、
是非皆様と「経営改善・経営革新」行動の成果と喜びを共有したいと
思っております



是非とも一度ご相談ください。

【無料ダウンロード】SWOT分析・経営戦略課題抽出・経営ビジョン策定マップ

経営戦略マップ目標実行管理シート無料ダウンロード提供中!↑画像はサンプルです↑今回のダウンロードは全国各地のどの方でもご利用いただけます下記にて設けております、アンケートにご協力の上、お問い合わせくださいませ。お問い合わせ完了後、自動的にダウンロードが開始されます。1.(社長)会社の戦略、課題、社員へ …

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:公認会計士
  • 桑澤会計事務所
  • 東京都中央区日本橋小伝馬町3-9

所長経歴 氏名 桑澤克実 (くわざわ かつみ) 生年月日 1965年3月生 出身地 長野県上伊那郡箕輪町 現住所 埼玉県上尾市 最終学歴 1987年3月 横浜国立大学経営学部卒業 資格 公認会計士 1990年合格 同年5月登録(10258号) 税理士 1996年 …

比較ビズに掲載しませんか
経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP