赤字を乗切る

「赤字が何期続いたら、会社は危ないですか」という質問を時々 …

  「赤字が何期続いたら、会社は危ないですか」という質問を時々受ける。筆者は、「会社の規模や赤字額にもよりますが、一般的に3〜5期で赤字累計が純資産を超えたら危ないですね」と回答する。
  

 経験上、ずっと黒字が続いてきた会社が一旦赤字に陥ると、1期だけで回復することが難しい。初めての赤字に驚いて、その赤字幅を小さくする策を講じる為かもしれない。例えば、減価償却の計上を見送ったり、不良債権の処理等を少な目にしたりする。結局、次期以降に赤字要因を持ち越して、何期か赤字が続いてしまう。中国古典の『礼記』(四書五経のうち五経の一つ)に、「3年分の備蓄の無い国は,国とは言えない」という言葉がある。本当は9年分以上の備蓄が望ましいという。会社にも、最低でも3〜5年分の蓄えが必要である。
  「蓄え」とは、次のような資源である。
 ○換金の容易な現預金を一定割合持つ
 ○借入が有利となる担保力のある不動産や健全な在庫商品
 ○資産計上型の生命保険(解約返戻金が保険積立金を上回ることがよくある)
 ○経営者の役員報酬を一部貯めておいて、会社に貸し付けたり、増資をしたりする
 ○銀行や金融公庫とのコミュニケーションをとって、実績と信用を積んでおく。

【無料】お問合せ・ご相談

「今、こういう状態なんだけど、どうすればいいかな?」「こういうことで悩んでいるんだけど、助けて欲しい」など、弊社へのご相談や「この商品はどういう内容なの?」「これについて聞きたいんだけど」など弊社や、弊社の商品サービスについてのお問合せがございましたらお気軽に、ご連絡いただけますようお願いいた …

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:税理士
  • 富塚昇税理士事務所
  • 神奈川県相模原市南区相模大野3-13-7

 事務所開設よりお客様と共に日々成長しているTOMIZUKAグループは日本全国の大手企業から中小企業及び公益法人、個人事業主及び資産家までクライアント先を有しております。 トミズカグループでは経営者及び資産家と同じ視点に立ち、税務申 …

比較ビズに掲載しませんか

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP