レイオフとは

en:layoff
レイオフ(layoff)とは、元々は再雇用を条件とした一時解雇の事であった。現在では単なる大規模な解雇を意味し、再雇用は想定されない。製造業などにおいて、材料の納入の遅れ、あるいは製品の需要が振るわないことなどの理由から工場などで、作業員に一時休暇を言い渡したことが語源。企業の業績悪化時に一時的な人員削減を行い、人件費を抑える為の手段であり、業績回復時の人員採用の際に優先して再雇用を約束するというものである。

==他国(特にアメリカ)におけるレイオフ==
例えばアメリカ合衆国|アメリカでは、先任権に基づいたレイオフ制度を用いているため、安易に日本のレイオフと他国(特にアメリカ)のレイオフと単純に比べることは出来ない。アメリカにおける先任権は、その企業における勤続年数で決定され、レイオフ実施においては、先任権の低い労働者からレイオフされる。またレイオフが終了し復帰するときでも先任権が重視されることになっている。しかし、先任権重視の昨今でも、人員削減においては、いきなり解雇するというケースは非常に少なくなっており、「企業年金の繰り上げ支給」、「割り増し支給」、「解雇手当」などを、退職への誘因策とすることで、自発退職が行われるようになっているのが、現状である。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「レイオフ」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP