省エネ大賞

身近にある事業チャンス

  • 東京代表厳選税理士
  • 税理士の見直ししませんか?
  • 経営改善 売上アップ コスト削減

省エネ大賞

 

 

 

17回「省エネ大賞」が財団法人省エネルギーセンターより発表されました。この機会に、エネルギー消費の現状を見てみたいと思います。

 

 

 

 

 

■国内エネルギー量

 まず、始めに国内の総一次エネルギー供給量はどのように変化しているのでしょうか?

 

 1975(14,378PJ)2002(22,285PJ)比で、約55%の増加、75年から85(16,467PJ)までは15%程度の増加ですが、85年から95(22,207PJ)までの間では35%の急増、95年から02年まではほぼ横ばいの状況です。

 

 一方、一人当たりのエネルギー供給量では、それぞれ、約36%の増加、6%程度の増加、30%の急増、ほぼ横ばいの状況です。

 

 85年ごろまでは、1973年の第1次オイルショックで原油価格が3ドル/バレルから12ドル/バレルへ、また、1979年の第2次オイルショック時には34ドル/バレルへと急騰し、供給量の制約もあり、各産業分野で省エネ活動が活発化した時期でした。この動きが一段落した後の10年間にエネルギー消費量が急増しています。

 

 

 

 

■エネルギー消費分野

 では、どのような分野でエネルギー消費量は増加したのでしょうか? 1973年と2002年との比較では、産業用の増加は僅かで、民生用、運輸用の増加が顕著です。自動車の普及やエアコンの普及がその主因と考えられます。

 

 

 

1)家庭用電力の推移

 家庭用電力の一世帯当たり電力消費量の推移をみますと、1975年(168.4KWh/月)と2000年(303.1KWh/月)比で80%の増加です。

また、家庭数が198035,842千世帯、200046,782千世帯であることを考えますと、家庭用総電力消費量は135%増と倍増以上です。

 

2)家庭用電力消費の内訳

エアコン、その他電力の増加により、比率的にはテレビ、照明、冷蔵庫が(計59%⇒42%)に減少しています。特に、エアコンの占める割合の増加が顕著です。1985年頃から1995年頃の間に各家庭にエアコン(11%⇒25%)が普及し、近年では省エネタイプへの買い替えが進行していることが伺われます。

 

 

 

■省エネ大賞

今回は経済産業大臣賞に松下冷機蠅旅盖’戎振断熱材「Vacua」シリーズ、東芝キャリア空調システムズ蠅龍般獲冦篥燹Χ調機器「スーパーフレックスモジュールチラー」が選定されました。

 

受賞製品はENEX2007にて展示されます。
東京ビックサイト 1月31日(水)〜2月2日(金)
インテックス大阪 2月22日(木)〜24日(土)

 

 

企業内セミナー「開発力を強化する」お申し込み

企業内セミナー「開発力を強化する」1社/1ヶ月限定にての特別価格で受け賜ります。「開発力の強化」にご関心のある、企業経営者さま、管理者さま向けです。「開発力を強化する」には、何を、どのように進めれば、良いのでしょうか?経営視点から見る「開発力の強化」とは?先着順とさせていただきます。特別価格4万円/2 …

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • (有)関西中小企業研究所
  • 大阪府泉南郡岬町淡輪1694-85

(有)関西中小企業研究所は大阪に拠点を置き活動する中小企業診断士の事務所です。 企業の未来創りを応援しています。 今後の発展が期待できる分野に足掛かりを創り、新事業展開を図りたい。 新製品・新技術開発の推進により、更には、新事 …

比較ビズで見積もりしませんか

商品開発の企画・アイデア

第13回 面白アイデア商品

[まくら話]今回から時々「面白アイデア商品」のコーナーを設けます。時には軽い話題で息抜きをしましょう。アイデア …

コスト意識の高めるには

昨年の金融緩和以降、円安傾向も安定して維持しているように見えます。これは、これまで海外から調達している原材料や …

お蔵入り研究が大ヒットに

この頃は多くのトイレがきれいになった。大阪に住んでいるが、主要な駅のトイレがリニューアルされ、最新式の無臭自己 …

食品・料理は【焦げフェチ】に注目で …

今日のお客さま発想事例⇒「食品料理は【焦げフェチ】に注目です」こんにちは!マーケティングイノベーションの鈴木規 …

比較ビズで一括見積もりしませんか?

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP