未来技術はどこに

中長期的な技術発展進路を予測する

  • 東京代表厳選税理士
  • 税理士の見直ししませんか?
  • 経営改善 売上アップ コスト削減

未来技術はどこに

    

現在の主力商品が衰退期を迎える前に、次期の主力商品候補を確保できる技術分野を発見したい。 たとえ、個別の開発品が成功を収めなくても、その技術や失敗が、その後の開発に生かせる技術分野に集中したいものです。

  

新製品・新技術の開発問題に面するとき、どのような分野に、その足がかりを作れば良いか? 大いに悩む問題です。 どのような技術分野が、今後伸びるのか? 伸びる分野に足がかりを作りたい。 当然の願望です。

  

では、未来技術は、どこに在るのでしょうか? 今回は、この問題を取り上げてみます。

   

*****長期的な技術進路の選択*****

製造業にとって、将来的に発展する分野に自社の強みを造りだす戦略は、極めて重要なものです。まず、その第一歩は「将来的に発展する可能性の高い技術分野」の見極めです。

     

どのように、その分野を見つけていくべきなのでしょうか?  その代表的手法を下記に纏めてみます。

々颪硫奮惶蚕兩策の重点事項調査

 フォーカス21、新産業創造戦略2005、技術戦略マップ2006

科学技術の中長期発展に係る俯瞰的予測調査

 文部科学省 科学技術政策研究所

オピニオンリーダー会議

て探トレンド調査

コ慍顱学会誌調査

   

「科学技術の中長期発展に係る俯瞰的予測調査」

 この調査は文部科学省が1970年代初めから5年毎に実施している調査で、平成15年度には第8回の調査が実施されています。約4500人の各分野専門家を対象にし、デルファイ法により今後30年の技術に関する意見が集約されています。

   

「オピニオンリーダー会議」

特定の分野への意見集約としては、そのテーマに特化した「オピニオンリーダー会議」も一手法です。 この結果は、参加者の先進度と他者への影響度に大きく依存します。

  

如何に、優れたオピニオンリーダーを集め、率直な意見を述べてもらえるかがポイントとなります。

  

 

 

 これらは、着想の「ニーズ」思考、「シーズ」思考のスタート点です。近年の「シーズ」思考の代表は「インターネットサービス」があります。インターネットと云うハードが生まれたが故に、それを利用した多くのサービスが誕生しています。

  

 これら視点に加えて、更に、将来の技術を予測するには、単に現技術の延長線上を考えるのみでなく、社会構成員がどのような生活を望み、どのように感性が変化しそうか、科学者達の興味を惹きつける分野は何なのか等、現在の日本では、単に生活の必需品を対象とすることなく、「感性の変化」や「興味の分野」等、やや広い視点から見てゆく必要があります。

  

*****開発のタイミングと規模*****

次に、どのようなタイミングと規模で、新製品を開発、投入するべきなのでしょうか?

   

これを考える際の基本として、財務評価の3要素、ー益性、安全性、成長性の中の「成長性」の要素として評価するケースが多いようです。

   

例えば、比較的製品ライフサイクルが長い業界の場合、直近5年間で投入された新製品の売上構成比率25%以上を基準値とし、この数値を割り込む場合は、従来製品を見直し、不採算なものから順次販売停止し、新製品発売に切り替えるとの手法です。

  

大きな組織の場合、単に、全社の数値のみではなく、事業部単位でこの数値管理をしている所もあります。

   

 

*****************************

関連テーマへもどうぞ

三利の利」、「40年前に、芽はあった

*****************************

 

 

企業内セミナー「開発力を強化する」お申し込み

企業内セミナー「開発力を強化する」1社/1ヶ月限定にての特別価格で受け賜ります。「開発力の強化」にご関心のある、企業経営者さま、管理者さま向けです。「開発力を強化する」には、何を、どのように進めれば、良いのでしょうか?経営視点から見る「開発力の強化」とは?先着順とさせていただきます。特別価格4万円/2 …

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • (有)関西中小企業研究所
  • 大阪府泉南郡岬町淡輪1694-85

(有)関西中小企業研究所は大阪に拠点を置き活動する中小企業診断士の事務所です。 企業の未来創りを応援しています。 今後の発展が期待できる分野に足掛かりを創り、新事業展開を図りたい。 新製品・新技術開発の推進により、更には、新事 …

比較ビズで見積もりしませんか

技術・研究開発

プログラム言語教育について

プログラム言語教育は 基礎コース応用コース実践コースに分けると、実践に行く程、何故、時間が長いのでしょう。 …

【中小製造メーカーの売上アップ策】 …

他社契約されているところをひっくり返したい。何とか売上を伸ばしたいとお考えだと思います。 ところがいくら自 …

お蔵入り研究が大ヒットに

この頃は多くのトイレがきれいになった。大阪に住んでいるが、主要な駅のトイレがリニューアルされ、最新式の無臭自己 …

新製品開発の失敗に学ぶ2

前回について、新製品開発の失敗を考えていきます。大手企業の新製品開発では、少なくとも研究開発と設計の2つの部門 …

比較ビズで一括見積もりしませんか?

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP