伸びている会社、業績の上がっている会社は何をしていると思いますか?

伸びている会社、業績の上がっている会社は何をしていると思い …

経営がうまく行く方法があります。

あなたは、受け身ですか?攻めていますか?

苦戦されている方の特徴はいつも待ちの姿勢です。

自分からは動かず、じっとしている。

声がかかるまで自分からは動かない。

一般の生活では良いかもしれませんが、経営となるとどうなのかなぁと思います。

自分から積極的に動かないと情報は入ってきません。

例えば、電話やメール、自分から掛ける方が多いですか、受ける方が多いですか?

待っていれば、いつか誰かが良い情報を持ってきてくれるだろうなんて甘い考えは捨てた方が良いです。

企業再生の現場でもよく感じます。

伸びている方やその会社の従業員の方は、良い意味で私を辞書替わりに使われます。

何かわからないことがあるとすぐに電話やメールが来ます。

でもそれで良いんです。

私の事情はいざ知らず、今知りたいから電話やメールをされるのでしょう。

だから経営がうまく行きます。

1回や2回のご訪問だけで、業績が上がるなんて思っていません。

自分の悩みや躓きを即解決したい。

その思いの強さが行動に表れるのでしょう。

私もパソコンの操作が詳しくありません。躓いた時、本は見ません。

知っている若い方に電話で聞きます。30秒で解決します。

その方には申し訳ないですが、この方が効率的です。

経営では自分からどんどん積極的に攻める癖付けをすることです。

待っていても何ら状況は変わりません。

私の朝一番の仕事は、ブログを書くことと、お付き合い企業様へメールを送ることです。おそらく受けるメールの3倍以上のメールを毎日送っていると思います。

自分で変わろうとされないと、業績は上がりません。

伸びる方ほど質問が多く、電話・メールが多いです。

それに従業員の方が目の色を変えてかけてこられます。

受け身の姿勢から脱皮することです。

かかってくるよりも先にかける。

ただそれだけの癖付けです。

別に用事がなくてもこちらからかける。

そんな姿勢がいつか良い関係を築くきっかけになるのではと思います。

かかるのを待っていてはダメ!

自分からかけて下さい!

それが業績アップの一番のコツです。

中小企業を元気にする:株式会社武内コンサルティングへのお問合せ・ご相談

「今、こういう状態なんだけど、どうすればいいかな?」「こういうことで悩んでいるんだけど、助けて欲しい」など、弊社へのご相談や「この商品はどういう内容なの?」「これについて聞きたいんだけど」など弊社や、弊社の商品サービスについてのお問合せがございましたらお気軽に、ご連絡いただけますようお願いいたし …

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズに掲載しませんか

業績向上

「民泊」の問題と「空き家」の有効活 …

民泊事業と「空き家」の関係、その問題点と将来性は? 1.「民泊」がクローズアップされた背景とは 現在、か …

第四回:外部環境分析と内部環境分析

第三回目では「ありたい姿を導く分析手法として」SWOT分析とBSC分析の概要について紹介をした。前回SWOT分析は …

BI(ビジネスインテリジェンス)コン …

昨今話題になっている[BI(ビジネスインテリジェンス)]、企業内に存在する大量のデータを分析し、経営に活かすことと …

着眼大局の一つ

着眼大局〈成功のために学ぶことの一つ〉ビジネスで成功するために心得なければならないことはなんだろうか?「商品」 …

営業代行・アウトソーシング

下請けをお探しの印刷業・広告代理店 …

下請けをお探しの印刷業の皆様へ、印刷下請けお任せ下さい当社はデザイン制作からオフセット印刷、製本加工、納品発 …

伸びている会社、業績の上がっている …

経営がうまく行く方法があります。あなたは、受け身ですか?攻めていますか?苦戦されている方の特徴はいつも待ちの姿 …

中小企業の新規開拓術!

新規開拓に対する考え方「新規開拓はすごく大事だよね!」「いつも売上げ、契約本数を考えている。」経営者の方であれ …

「ビジネスリーダーの質問力」(角川 …

インターネットの普及に伴い情報過多で誇大広告や誇大表現に振り回されている現代社会では、一方的な情報は耳に入れて …

経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP