実地棚卸とは

棚卸資産の現物を直接見て、その数量、種類、品質を確認することです。  
普段は、帳簿上で数量を確認する「帳簿棚卸」で確認していると思いますが 紛失等で実際の数と合わなくなっていたり、破損や品質低下は実際に目で見ないと分からないのでこの作業が必要となってきます。  
棚卸資産とは販売業では商品、製造業では製品、仕掛品、原材料がそれに あたります。

「実地棚卸」に関連するコラム一覧

経理・財務に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP