セクシャルハラスメントとは

セクシャルハラスメント(Sexual harassment)とは、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉である。セクシュアルハラスメントともいう。日本では、略してセクハラと言われることもある。

以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。==概説==
職場などで、「相手の意志に反して不快や不安な状態に追いこむ性的なことばや行為」を指す。例えば、「職場に限らず一定の集団内で、性的価値観により、快不快の評価が分かれ得るような言動を行ったり、そのような環境を作り出すことを広く指して用いる」といった性別を問わない用例である。そしてこのような用例を踏まえて、異性にとって性的に不快な環境を作り出すような言動(職場に水着写真を貼るなど)をする事や、自分の行為や自分自身に対して、相手が「不快」であると考えているのも関わらず、法令による場合や契約の履行以外での接触を要求する事、同性同士で同様の言動をする事も含まれる。この場合、行為者が自己の行為をセクシャルハラスメントに当たるものと意識していないことも多々あり、認識の相違に由来する人間関係の悪化が長期化、深刻化する例もままみられる。

今日では、精神的な性別である性自認と、肉体的な性別であるセックスとが異なるために、性別によって文化的・社会的取扱いが区別されるような生活場面で、性自認と異なる振舞い方を要求され精神的苦痛を被るという、性同一性障害者の問題も、セクシャルハラスメントを論ずる際に欠かすことができない視点となりつつある。

=== 男性に対するセクシャルハラスメント ===
用語を厳密に定義するならば性別は関係ないが、近年の日本で広く認知されているイメージとしては、男性から女性に対する行為に対してセクハラと捉えることが多かった。しかし、2007年4月1日施行の改正男女雇用機会均等法により男性への性的嫌がらせも配慮の対象となったこともあり、男性へのセクハラも企業が講じるセクハラ対策の対象にすることとなった。しかし、対象になってからまだ日が浅いこともあり、対策を講じている企業は少ない。男性へのセクハラは、それまでの社会習慣(「男らしさ」「女らしさ」といった性によって規範が違うというダブルスタンダード)、セクハラの対象になるという恥ずかしさから相談への敷居が高く、内在化しやすい。

そのため、「本人の意に添わない性的な嫌がらせ」であることを前提に、「男だったら〜」という論調を避けて対処する必要がある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「セクシャルハラスメント」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP