リサイクルとは

国際化|日本}}
リサイクル(Recycle、英:Recycling)とは、本来は再循環を指し、製品化された物を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。
近年は、同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用や、電化製品や古着などの中古販売についても広くリサイクルと呼ばれることが多い。

リデュース(Reduce、減量)、リユース(Reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。
(リフューズ(Refuse、ごみになる物の拒絶)を加え4Rと呼ばれることもある)

== 概要 ==
リサイクルは大きく、マテリアルリサイクル(素材としての再利用)とサーマルリサイクル(熱としての再利用)に区分される。

現代のリサイクルは、主に政治的、経済的目的のための「商標」としての役割が強く、現状としてはメーカーは赤字に転じることが多く、世間で認識されているほど行われていない。また、ほぼ全てのリサイクルは環境によいわけではなく、「リサイクル=環境に優しい」とは限らない。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「リサイクル」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP