〜企業は人なり〜

進化し続ける企業づくりは全社員の総力を結集しなければならな …

【内容】

1.社員5 つのタイプ

 社員は、一般に5つのタイプに分類されます。

  ,い覆ては困るタイプ
   期待以上の成果を上げてくれる社員
  △い進が良いタイプ
   言われたことをそこそこにするだけの社員
  どちらでも良いタイプ
   特に存在が見えない社員
  いい覆なが良いタイプ
    言われたことができない社員
  イい討郎い襯織ぅ
      言われたこともできず反省もせず
      責任転嫁やマイナス影響の多い社員

 必要な社員は「歩から金」に、すなわち社員教育は
「いなくては困る社員」に育て上げることです。
 

2.こうすればできる、育成実践の取り組み方

 それでは、
 どんな仕組みで育成実践に取り組んだらいいのでしょうか。
 次の10条件は身近にできることです。
 ですので、できることから取り組んでみると良いでしょう。

   「社員こそ我が社の財産」の
     育成への強い意識で取り組む

     ‥教育予算を立て、
     時間を惜しまない社員教育に取り組むこと。
  ◆経営理念、方針等の明確化と全社員への周知徹底
   挨拶、3S(整理・整頓・清掃)の徹底実践
  ぁ朝礼を育成の場として活用
  ァ外部機関の活用
     ‥トップの人脈や所属団体を生かし、
         社外主催セミナーへの派遣、
         外部講師による社内研修を実施することです。
  Αトップが社員と気軽に語る場をつくる
     ‥トップ主催の朝食会、昼食会等を開催し、
         少数の社員と気軽に語り、
         時には、創業時の話や苦労話などをしてあげることで、
         トップへの理解と新密度が高まります。
  А非正規社員(パート、派遣等)の育成
     ‥社内での身分は様々でも、
         お客様から見たら社員と同じです。
         企業看板にふさわしい能力育成は欠かせません。
         最近は正社員と同等の研修機会も考えられています。
  ─評判企業との交流及び視察の仕掛け実施
     ‥トップ、幹部の人脈を生かして、
         社員を評判企業の視察や訪問企業の社員との
         交流を計画実施していきます。
        「百聞は一見にしかず」です。
   トップ・幹部がまず勉強する
     ‥「企業はトップの器以上に大きくならない」
        「部下は上役の器以上に育たない」指導的立場の、
    普段の勉強が最も大切です。
   教育は指導の場だけではない。
    普段の行動の示範力こそが最大の教育力

     ‥「いうことは言うが、やることはしていない」
            有言不実行、こんな信用のないトップでは、
            社員は「本気で指導を受け入れられない」
            社員の「上の行動に学ぶ」パワーに
            留意することです。
 
 このように、企業としてできること、
外部の支援協力を活用すること、
上に立つ人の普段の行動の姿で自然教育を施すことなど、
本気で人材育成に取り組む覚悟を持つことです。
そうなれば方法はおのずと見えてきます。 
「安心」「信頼」の企業づくりは、社員力が決め手です。
まさに「企業は人なり」ですね。

【POINT】

 「現状維持は退歩なり」と言われています。
進化し続ける企業づくりは全社員の総力を結集して、
実現していかねばなりません。
その基(もと)は「企業は人なり」です。
 要は人的財産をどれだけ育て・生かして、
経営活動に活用していけるかどうかです。
成長し続ける「安心・信頼」企業に社員教育は欠かせません。
そのためには、
トップがどれだけ本気に人材育成に取り組むかによって、
他社に勝る強さを現実に創り上げることができます。

【プロフイール】

澤田 良雄(サワダ ヨシオ) ビジネス教育の株式会社HOPE 代表取締役流山経営支援グループ監事。某精密機器メーカーで、社員教育、総務を歴任後、独立。現在は、企業、官公庁、行政、団体のビジネス教育、社員研修の講師として全国を股にかけ活躍中。独自開発の実践的、具体的、効果重視のトレーニングと、情熱溢れる温かみと厳しさを兼ね備えた指導力が定評。


Copyright(C)2010 Nagareyama Keieishien Group . All Rights Reserved.




↓千葉県から関東一円を中心に活躍しております。(全国もOK)↓
お問合せの際は、差し支えの無い範囲で詳しい内容をお書ききのうえ、
下記よりお気軽にお問合せ下さい。
澤田が征く!社員教育の【無料訪問相談】受付中

澤田が征く!社員教育の【無料訪問相談】受付中まずはお話しませんか「社員研修って効果あるのかな」「費用はいくら掛かるんだろう…」いざ研修をお願いしようと思っても、上記のような理由で躊躇う事、ありませんか?そのお気持ち、よく分かります。だからまずは、あなたのお気持ちをお聞かせ下さい。弊社の研修は、まず …

ビジネスコラム提供者情報

  • 人材教育・研修
  • ビジネス教育の株式会社HOPE
  • 千葉県流山市中野久木572-10

■人物・特徴 東京生まれ 中央大学卒業 現セイコーインスツルメンツ(株)勤務 製造ライン・社員教育(この間労働組合役員も経験)、総務マネジャーを歴任し、労働組合役員を経て、ビジネス教育(株)HOPEを設立 現在企業教育コンサルタントと …

比較ビズに掲載しませんか

リーダー・管理職育成

採用から教育へのシフトチェンジ

  「採用から教育へのシフトチェンジ」   「良い人材を採用するにはどうしたら良いのだろうか?」と考え …

残業代金の未払い!企業のリストラに …

中小企業には、リスクが一杯?新聞紙上においては、大企業の実力給与制度や成果主義制度などの導入の記事が、多く取 …

社員の意欲を高める!とっておきの方法

コウモリの眼で意欲喚起の切り口を診る物事を診ていくとき四つの眼があります。一つは鳥の眼(大局的全体を診る)、二 …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

経営戦略・計画

“「みなし残業代」を導入する本当の …

「みなし残業代」を導入している企業様も増えてきましたが、本当の意味で「みなし残業代」と「労務対策」をリンクさせ …

第四回:外部環境分析と内部環境分析

第三回目では「ありたい姿を導く分析手法として」SWOT分析とBSC分析の概要について紹介をした。前回SWOT分析は …

発展する会社の共通点とは?

発展する会社の共通点とは?会社の発展には情熱+理論が必要!私は今の行政書士という仕事に就く前、某大手化粧品会社 …

商売で失敗して、借金を抱えたいです …

商売で失敗して、借金を抱えたいですか??? 商売にはタシ算だけでなく、ヒキ算もあります。 それが、ドンブリ経営 …

経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP