【中小企業の悩み】なぜ決めたことが続かないのか?

【中小企業の悩み】なぜ決めたことが続かないのか?

「あの話、実施することになったのですが、今はやっていません。」ということが結構あります。

責任者が明確に決まっていますでしょうか?

その発案者はどなたなのでしょうか?

会社で決まったことを疎かにしたり、実施継続ができていないということが一番の問題です。小さな小さな問題なのですが、これが一番大事です。

継続できない、決まったことが守れなくなると、規則までもが遵守できなくなります。

罰則がないものは、自然と消えて行く。やらなくてもお咎めなし。それに厳しいチェックが入らないのなら、まぁ大丈夫だろうということになります。

大手企業と中小企業の違いはここにあります。大手企業では決められたことは

必ずルール通りに実施し、成果を確認します。その成果から判断して、今後継続するのかどうかを決めます。あやふやな状態のものはありません。また必ず書面で報告書を挙げることが義務付けられています。

決定事項については、書面に落とすことが癖付けられています。だから経費の予測や結果もしっかりと記入されています。

中小企業でもまず書面で企画書を提出させるべきです。終わったものに対しては提出期間を決めて出させることです。

口頭だけでやるのやらないと言っていても前に進みません。書いたものを残して下さい。それと責任者、推進者を明確にすることです。

誰が責任者のなのか所在がわからないものを作らないことです。

決められたことができているかどうかは企業体質だと思います。悪しき体質が身に着いてしまうとなかなか変えることが難しくなります。

決めたことというのは、会社が決めたこと。誰一人として守らない人がいないように徹底すべきです。

厳しい管理体制を引かないと、遵守されないようです。

決められたことが守られるようになって初めて会社です。

書いて残す癖がやはり大事なような気がします。

中小企業を元気にする:株式会社武内コンサルティングへのお問合せ・ご相談

「今、こういう状態なんだけど、どうすればいいかな?」「こういうことで悩んでいるんだけど、助けて欲しい」など、弊社へのご相談や「この商品はどういう内容なの?」「これについて聞きたいんだけど・・」など弊社や、弊社の商品・サービスについてのお問合せがございましたらお気軽に、ご連絡いただけますようお願い …

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズに掲載しませんか

社員教育

採用から教育へのシフトチェンジ

  「採用から教育へのシフトチェンジ」   「良い人材を採用するにはどうしたら良いのだろうか?」と考え …

勉強の結果は机に向かう前に決まる、 …

こんにちは!! このページにアクセスいただいてありがとうございます。 読書の秋ということで、最近購入した本 …

プログラム言語教育について

プログラム言語教育は 基礎コース応用コース実践コースに分けると、実践に行く程、何故、時間が長いのでしょう。 …

社員の意欲を高める!とっておきの方法

コウモリの眼で意欲喚起の切り口を診る物事を診ていくとき四つの眼があります。一つは鳥の眼(大局的・全体を診る)、 …

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP