■お金をかければ良いというものではない!

経営虎の穴

ここ10年くらいの傾向なのですが、
世の中の役に立ちたいという人が増えているそうです。
2000年代に入り、日本に災害が増えたということもあるでしょうが、
ボランティア活動をする若者が大変多いことに驚かされます。


2004年7月13日、
当時、私の住んでいた新潟県三条市は
大変な災害に見舞われました。
前日から降り続く雨、大谷ダムの放流などが重なり、
五十嵐川が破堤してしまいました。


私は、その日のことをよく憶えています。
朝の5時頃だったでしょうか、
顔が冷たくて目が覚めました。
窓を開けて寝ていたので、
雨が部屋の中に入ってきたのです。
生まれて始めての経験でした。


雨は小降りになって、
私は8時半過ぎに家を出ました。
車で10分のところにあるクライアント先で、
コンサルティングを行うためです。


このクライアントはセレモニー関係の事業を行っており、
建物の館内に入ってしまうと、
外の状況がわからなくなります。
大雨であろうが、台風であろうが気がつかないのです・・・。
 

約3時間のコンサルティングを終えて外に出てみたところ、
少しだけ雨が降っていました。
私は車に乗り込み、帰ろうとしばらく走ると、
道路が冠水しているではありませんか。
慌てて引き返して、別の道を行けば大渋滞です。
携帯から自宅に電話をかけたのですがまったくつながりません。
結局、家に帰るまで1時間半以上も要してしまいました。
 

============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

 
帰ってからわかったのですが、
三条市は五十嵐川を境に三条市の半分が冠水してしまったのです。
もちろん、全国ニュースで大きく報じられました。
水が引いてからは、瓦礫の山です。
全国からは多くのボランティアがやってきました。


とにかく、若者の姿を見たのを憶えています。
恐らく今の若い人は、
学校の授業でボランティア活動をやっているので、
困っている人がいるとごく当たり前に
ボランティアをやるのが一般的なのかもしれません。
 
このような背景もあり、
世の中の役に立ちたいと思うのは、
生きがいにも通じます。
ですが、あまり大きなことを考えてしまうと、
自分は世の中の役には立っていないという
劣等感に陥ることになります。


心理学者のアルフレッドアドラーは、
「わたしは誰かの役に立っている」と思えた時にだけ、
自らの価値を実感することができると言っています。
また、役に立つことは、
些細なことでいいとも言っています。


森信三さんは、
お金がなくても他人へ喜びを
与えることができると言っています。
「無財の七施」と言い、
仏教の世界で使われる考え方なんだそうです。
無財の七施とは・・・

 
=================================================
一、眼 施
  ・・・優しい目つきや慈(いつく)しみのま
なざしで、
     すべてに接すること。 
二、和顔施
  ・・・いつもおだやかな顔つきで
人に接すること。 
三、言辞施
  ・・・愛あるやさしい言葉を使うこと。
四、身 施
  ・・・人のいやがることなどを、
気持ちよく実践すること、
     行動すること。 
五、心 施
  ・・・人の身になって心を配り、共に喜び、
共に悲しむこと。
六、床座施
  ・・・電車の中などで気持ちよく席を譲ること。
七、房舎施
  ・・・訪ねてくる人がいたら、気持ちよく
もてなすこと、
     気くばりすること。
=================================================


これが「無財の七施」です。
これならば、お金がなくても、誰でもできます。
ですが、これが難しいのです。


「企業は人生修行の場」と言った経営者がいますが、
無財の七施は人間性を高めるためにも実行したいものです。

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:営業
  • 株式会社リンケージM.Iコンサルティング
  • 新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608

【代表取締役・長谷川博之(はせがわ・ひろゆき)プロフィール】 新潟県三条市生まれ、新潟市在住。 高校卒業後、ジャズミュージシャンを目指し上京。その後、広告代理店、量販店などの勤務して、2001年に独立。 新潟県新潟市を中心に …

比較ビズに掲載しませんか

業績向上

「民泊」の問題と「空き家」の有効活 …

民泊事業と「空き家」の関係、その問題点と将来性は? 1.「民泊」がクローズアップされた背景とは 現在、か …

第四回:外部環境分析と内部環境分析

第三回目では「ありたい姿を導く分析手法として」SWOT分析とBSC分析の概要について紹介をした。前回SWOT分析は …

BI(ビジネスインテリジェンス)コン …

昨今話題になっている[BI(ビジネスインテリジェンス)]、企業内に存在する大量のデータを分析し、経営に活かすことと …

着眼大局の一つ

着眼大局〈成功のために学ぶことの一つ〉ビジネスで成功するために心得なければならないことはなんだろうか?「商品」 …

営業戦略

化粧品ビジネスの魅力とは?何故化粧 …

何故、いろんな企業が化粧品事業に進出するのか?化粧品ビジネスの魅力とは?私は行政書士になる前、某化粧品会社に長 …

プレイングマネージャー

前回は人事制度運用の肝についてお話をしましたが、今回も引き続き運用において重要な管理とコミュニケーションに …

儲かる営業を考える

こんにちは、大阪で活躍するコンサルタント、小橋です。私がコンサルティング活動している中で、経営者からよくこんな …

着眼大局の一つ

着眼大局〈成功のために学ぶことの一つ〉ビジネスで成功するために心得なければならないことはなんだろうか?「商品」 …

圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP