能力主義とは

能力主義(のうりょくしゅぎ)とは、年功序列|年功序列主義の対義語であり、労働能力によりいくらでも昇進・昇給できる反面、労働能力が要求水準に満たなければ、減給・解雇される雇用制度を指す。

従来の日本では、終身雇用制が採られており、いったん採用されれば、過失がない限り、減給・解雇されることはなかった。

しかし、バブル崩壊後、国際競争の激化により、終身雇用制の維持が困難になった。労働組合も、早期退職の充実など条件闘争に転じ、能力主義を受け入れた。

近年、東京大学法学部出身者も、官僚志望者が減り、外資系経営コンサルタント志望者が増えているとされるが、能力主義の影響と考えられる。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「能力主義」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP