契約社員とは

契約社員(けいやくしゃいん)とは企業などと有期の期間での雇用契約を結んで職務に従事する労働者のことを言う。期間契約社員、期間社員、有期間社員、期間従業員などともいう。特に工員として勤務する場合は期間工などともいう。
== 従業員 ==
法律上の用法とは異なり、社会通念上、「契約社員」は民間企業の「従業員」のうち、有期の直接雇用契約を結んだケースを指す。またこのうち、アルバイトなどとの区分は不明瞭であるが、一般的にはアルバイトが、雇用契約書を交付しないことが多く、給与体系が時給制である場合にくらべ、月給制+残業代+諸手当となるケースが比較的多い。また、アルバイトが出勤日や勤務時間をある程度選択できる(シフト制)のに対し、契約社員は正社員と同様、フルタイムでの勤務を求められる場合が多い。

==特徴==
*有期契約である - ある程度の継続性はあるが、基本的には、3ヶ月や半年程度の期間での有期雇用契約である。
*各種手当て - おおむね交通費や社会手当などは、正社員などとほぼ同様であるが、退職金などの支払いは発生しないケースが一般的である。
*安定性 - 正社員などと異なり、継続的な雇用が保障されていないため、企業の業績などにより、アルバイト、派遣社員に次いで雇用不安を持っている。
*労働組合 - 企業内組合の中には加入を認めていない組合もある。しかし、契約社員であっても2人以上が合意すれば組合を結成することはできる。また、地域の合同労組への加入は1人でもできる。
*医療機関においては雇用形態を巡って被雇用者との間でトラブルになる事が多いが、ほとんどの場合表沙汰になる事はない。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「契約社員」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP