LLPとは

LLP (Limited Liability Partnership) は、事業を目的とする組合契約を基礎に形成された企業組織体である。イギリス及びアメリカ合衆国に加え、日本においても2005年4月27日に「有限責任事業組合契約に関する法律」(LLP法)が成立、同年8月1日より施行され日本版のLLPである有限責任事業組合の設立が可能となった。

=== LLP概論 ===
アメリカ合衆国においては、各州ごとにその設立に関する法令が定められている。ジェネラル・パートナーシップ(GPS)、リミテッド・パートナーシップ(LPS)などとともにパートナーシップの一類型と整理できる。

LLPでは、各パートナーは原則としてパートナーシップに生じたあらゆる債務につき有限責任を負う。

LLPが導入された背景には次のようなものがある。すなわち、公認会計士や弁護士などの専門的職種を組織化する場合に、かつてはすべての債務につき無限責任制をとるパートナーシップが利用されていた。例えば公認会計士法に基づく監査法人の場合、概ね合名会社に似た制度となっている。

イギリスでは2000年に、Limited Liability Partnership Act 2000が制定され、2003年現在ではLLP制度が普及している。

なお、アメリカ合衆国の企業組織の一形態としてのLLCは、法人格を持つ点で、LLPと異なる。もっとも、課税の側面においては、両者ともパートナーシップと同様の取り扱いを受けるという共通点を持つ。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「LLP」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP