定年とは

定年(ていねん)とは、仕事などで、ある一定の年齢に達したら引退する年齢のことである。停年の表記も見られるが(大相撲の親方(年寄)の引退年齢である65歳の際に、この表記を使う)、“年が停まる”わけではなく“規定の年になる”事から、現在では「定年」の表記が一般的である。

==概要==

労働者が一定の年齢(定年年齢)に達すると自動的に雇用関係が終了する制度を定年制という。定年により退職する(雇用関係を終了する)ことを「定年退職」という。会社が定年制を導入するには、定年に関する事項を就業規則に明記し、かつその定年制が慣行的に行われている必要がある。日本の企業の正社員と公務員は、その大部分が定年制を導入している。一方で適用している会社は少ないが、定年を定めないことも可能である(例・日本マクドナルド)。

なお、定年退職者を継続雇用することも多くの企業で行われているが、これについても就業規則に定めることが必要である。継続雇用とは、現に雇用している高年齢者が希望するときは、当該高年齢者を定年後も引き続いて雇用する制度のことである。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「定年」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP