【定年退職について】

過去数回に渡りまして、採用に絡んだお話をしてきました。採用を会社への入り口と考えますと、会社からの出口にあたりますのが退職です。そこで、今回は退職についてお話をしたいと思います。

退職と言いますと、あまり良くないイメージを持つ方が多いかもしれません。しかし、社員が長年勤続した上での定年退職や、社員が新しい道に進むための円満退職など、良い形での退職が会社としても理想的です。今回はこの良い退職のケースのうち、定年退職について見ていきましょう。

定年退職で気をつけて欲しい部分として、定年とする年齢があります。中小企業の中には、いまだに60歳定年としている会社もあります。現在では、基本的に定年を65歳としなければならないので、まずは60歳定年としている会社は何らかの措置が必要です。(正確に言いますと平成25年3月末までは64歳定年は認められています)

ここで言う改善として、定年を65歳に上げる以外に、再雇用制度を導入するという方法があります。簡単に言いますと、例えば60歳で社員を定年退職した後に、その社員を再度雇用するという形が、再雇用制度です。なお再雇用制度を導入する場合は、原則として希望者全員を対象としなければなりません。(希望者全員を対象としない再雇用制度を導入することもある一定の条件で可能ですが今回は省略します)

さてここで重要なポイントをお伝えします。定年を引き上げる場合でも、再雇用制度を導入する場合でも、労働時間を1日8時間(1週間40時間)といった常勤にする必要はありません。つまり、1日4時間の勤務や、週3日の勤務でも、勤務を続けてさえいれば構わないのです。

上記に書いたようなフルタイムの勤務でなくても良いということは、会社と社員の双方にメリットがあります。会社にとっては賃金や労働時間を必要以上に増やすことなく雇用を継続することが出来ますし、社員にとっても健康面・体力面と相談しながら勤務を続けることが出来るのです。

65歳定年を全社員に当てはめ、本来は退職するはずであったベテラン社員を全員今までと同条件で雇用できる会社などなかなかありません。そこで考え方を変え、営業職・事務職などいずれの職種であっても、ベテラン社員の仕事のノウハウや今まで築いたネットワークを短時間であっても自社に活かしていく、という方向にしていくことがこれからの会社には求められてきます。

良い人材を採用出来る会社、活躍している現役社員に残ってもらえる会社になるためにも、まずは1年でも長く働ける会社、引退前のベテラン社員が何か少しでも活躍出来る会社を、皆様には創り上げて頂きたいと考えております。

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社シンミドウ
  • 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-244-1 都築ビル 2F

中小企業の立場に立った、本物の経営コンサルティングを。当社は、そんな想いから設立した会社です。経営コンサルティングは、商品が目に見えません。また言葉や提案書では何とでも言ったり書いたり出来ますが、それが必ず実現できるとも限り …

比較ビズに掲載しませんか

経営戦略・計画

“「みなし残業代」を導入する本当の …

「みなし残業代」を導入している企業様も増えてきましたが、本当の意味で「みなし残業代」と「労務対策」をリンクさせ …

第四回:外部環境分析と内部環境分析

第三回目では「ありたい姿を導く分析手法として」SWOT分析とBSC分析の概要について紹介をした。前回SWOT分析は …

発展する会社の共通点とは?

発展する会社の共通点とは?会社の発展には情熱+理論が必要!私は今の行政書士という仕事に就く前、某大手化粧品会社 …

商売で失敗して、借金を抱えたいです …

商売で失敗して、借金を抱えたいですか??? 商売にはタシ算だけでなく、ヒキ算もあります。 それが、ドンブリ経営 …

経営管理

有給休暇と残業の関係

【有給休暇と残業の関係】有給休暇を取得した社員に、必要以上に多くの残業代を支払っている会社を良く見かけます。そ …

メンタルヘルス・ストレスチェック制 …

メンタルヘルス制度対応のためのセミナー 〜ストレスチェック制度対応の失敗防止対策〜 【セミナー情報】 日  …

商売で失敗して、借金を抱えたいです …

商売で失敗して、借金を抱えたいですか??? 商売にはタシ算だけでなく、ヒキ算もあります。 それが、ドンブリ経営 …

債権回収の方法と心得について

債権回収にとって重要なポイントとは?早期の対処、一歩進んだ行動の実践事業を運営していると避けては通れない未 …

経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP