“おおらかさ”が離職率低下へ! 定着率95%を誇る経営者が語るたった一つの心がけ

昨今では長時間労働や休日出勤といったいわゆる“激務”が社員の身体に大きな影響を及ぼすとされ、働き方が見直されつつあります。高い離職率もまた、企業の社内環境と強く結びつけられるようになりました。
こうした課題に対し、各企業個別の取り組みから国を上げての施策まで、解決に向けての多岐にわたる活動が行われていますが、依然として改善は見られません。それどころか、実はこの3年以内離職率30%という数値は、20年前の1990年代からほぼ横ばいにあることをご存知でしょうか?
 
今回は、こういった流れの中でも3年以内離職率5%以下を誇る、ある企業の経営者にお話をお聞きしました。
 
その中小企業は埼玉県の地元に根づいてレジャー施設を展開しており、企業規模もそれほど大きくはありません。また、娯楽業界は学生から「うるさそう」「大変そう」とイメージ先行で謙遜されてしまう上、その忙しさから業界での3年以内離職率は45%を超えると言われています。
 
こういっては何ですが、決して多くの学生を惹きつけるようには思えません。
しかし入社したほとんどの社員が、その企業でキャリア設計を行い、働き続けることを選んでいます。社員に長く働き活躍してもらうための秘訣を、社長はおおらかな表情で語りました。
 
学生の時って、学校を1日休んだりアルバイトを辞めたりすることは、とても簡単ですよね。でも社会に出たらそうはいかない。だから自分が思ったように仕事ができなかったとか、仲良く出来ない上司・同期がいるとか、そういう課題に対して色々なこじつけをして離職しようとしてしまうんです。
でも私たちは、一つひとつ壁を乗り越えられるように悩みを共有し、一緒に解決していけるように向き合っています。社員がスキルアップを目指したいと思っているのなら、手に職をつけるための資格取得支援を行わなければいけないですよね。また、もし2,3年後の将来が見えないなら、キャリアパスを描ける研修を導入するでしょう。社員の声に耳を傾けることと、その時々によって取り入れるべき社内制度や研修内容は変わります。
 
社会人への階段は一歩ずつ上らせてあげたいと語る社長を、みなさんは甘いと思うでしょうか?
離職する社員の後ろ姿を見送るとき、皆さんは“ポテンシャル採用”と呼ばれる新卒採用が投資にかける時間を多く必要とすることを、頭の片隅に追いやってしまっていませんか?
 
今日では“ホワイト企業”“優良企業”などのキーワードに敏感になり、規模や業界・業種問わずほとんど全ての企業が競うように社内制度の整備を行ってきました。
しかしここ数年どころか20年以上前から現在まで3年以内に離職する社員が後を立たないという事実は、私たちに「ただ社内制度を整えたらそれでよいのか?」という疑問を彷彿とさせ始めています。
 
私たちには今一度、最近まで一介の学生だった社員に少しでも寄り添い、おおらかになってみる時間が必要かもしれませんね?
「社員一人ひとりが抱える問題は何か」「今どんな支援が必要なのか」解決方法が分からず、お悩みの企業様もいらっしゃるでしょう。そんな時は私たちシンミドウと一緒に考えましょう。ぜひお気軽にご相談ください。

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社シンミドウ
  • 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-244-1 都築ビル 2F

中小企業の立場に立った、本物の経営コンサルティングを。当社は、そんな想いから設立した会社です。経営コンサルティングは、商品が目に見えません。また言葉や提案書では何とでも言ったり書いたり出来ますが、それが必ず実現できるとも限り …

比較ビズに掲載しませんか

人事・労務問題、トラブル

“「みなし残業代」を導入する本当の …

「みなし残業代」を導入している企業様も増えてきましたが、本当の意味で「みなし残業代」と「労務対策」をリンクさせ …

従業員の自転車利用に対する会社の責 …

従業員が通勤や業務に自転車を使用する際の留意点   ◇自転車運転取締の強化 昨年はピストバイクによる歩行者へ …

残業代金の未払い!企業のリストラに …

中小企業には、リスクが一杯?新聞紙上においては、大企業の実力給与制度や成果主義制度などの導入の記事が、多く取 …

先日「 思うほど、思われずとも、思 …

最近の研修で指導力強化の類が目立ちます。それだけ人少なく、すること多く、さらなる新たな強みづくりを競い合う時の …

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

経営コンサルタントへ一括相談

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP