【小さな飲食店の店づくりの仕方】趣味を活かして賑わい性を出す

【小さな飲食店の店づくりの仕方】趣味を活かして賑わい性を出す

店をオープンして間もない時にお伺いすると、必ず相談があります。店づくりをどうすればよいですかという内容です。看板やメニュー表、POPなど営業するための必要なものはすべて揃っています。
 
ところが、繁盛している店と比べると何か足らないと感じます。どんな店でもオープンした後は徐々にモノが増えて行きます。殺風景だった店がモノで溢れかえることもあるくらいです。
 
小物や絵画など、空間が少しずつ埋まって行きます。カウンターなどにも花や器があったりして落ち着きのある店になって行きます。それが店づくりにつながって行きます。
 
男性はなかなか小物など気が付かないのですが、女性オーナーの店はちょっと味わいがあります。自分の好きなものを置かれます。
 
しかし、男性オーナーの方に好きなものを置いて下さい。飾って下さいと言っても迷われます。
 
小さなお店ほど店づくりは大切です。だからこそ何か欲しいです。そういう場合は、趣味のものを置いて下さいと提案させていただいています。
 
ガチャポンの景品でもルアーでも何でも良いです。空いている空間を見つけると何か飾ってみて下さい。なぜ趣味のものを置いて下さいと提案するかと言いますと、同じ趣味の方が集まって来るようになり、売上につながるからです。
 
店を持ったら趣味が大事。趣味を活かしないと言われます。営業に専念するものも良いですが、お客様に楽しんでいただくためにも趣味に関連したものを置かれませんでしょうか?
 
直接、売上に関係ないものでも店づくりに大切な場合もあります。ゴチャゴチャするのが嫌だという方もおられますが、それなら各ポイントごとに何か飾られてはと思います。
 
お客様から「マスター、○○が好きなんですか?」と言われるとうれしいものです。それに、固定客になっていただく可能性大です。
 
メニューだけでなく、趣味も固定客づくりにつながりますので、上手に店づくりに活かされて下さい。

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズに掲載しませんか

営業戦略

化粧品ビジネスの魅力とは?何故化粧 …

何故、いろんな企業が化粧品事業に進出するのか?化粧品ビジネスの魅力とは?私は行政書士になる前、某化粧品会社に長 …

プレイングマネージャー

前回は人事制度運用の肝についてお話をしましたが、今回も引き続き運用において重要な管理とコミュニケーションに …

儲かる営業を考える

こんにちは、大阪で活躍するコンサルタント、小橋です。私がコンサルティング活動している中で、経営者からよくこんな …

着眼大局の一つ

着眼大局〈成功のために学ぶことの一つ〉ビジネスで成功するために心得なければならないことはなんだろうか?「商品」 …

マーケティング・集客戦略

正しいSEO対策の考え方

最近SEO対策をする業者さんが特に多くなってきたように感じますが、みなさんSEO対策の考え方 …

第10回 モノとコト

[まくら話]あるスーパーの店長との会話。店長「ここ数年バレンタインは手造り志向ですね。それに女子高生でも、ブラ …

■これだけでレスポンスは大幅にアッ …

先日、嬉しい報告をいただきました。 住宅設備関連のクライアントからです。 過去に何度か新聞折込チラシをやった …

一人会社で起業する場合の事業計画

失敗しない起業のための事業計画作成方法あまりにも無計画当事務所は、起業支援特化型の会計事務所です。このため、お …

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP