【個人の焼肉店の売上アップ策】ホルモンで繁盛店づくり

【個人の焼肉店の売上アップ策】ホルモンで繁盛店づくり

年を取るとどうしてもサシの入った肉がたくさん食べれません。
逆に食べたくなるのがホルモン。
お酒の好きな方は特に食べたいメニューです。
 
赤身の肉を充実させることも一つの方法ですが、
ホルモンを強化し集客を図ることも大事ではと思います。
今後ますます高齢化社会がやって来ます。
その備えを徐々にやって行っても良いように思います。
 
焼肉店と言えば、赤身の肉がクローズアップされます。
どのレベルのどんな部位の肉を扱っているのかという競争が行われています。
 
一方、マニアの方は上ミノが美味い店を探されています。
私も含め趣味的嗜好が半分ですが、理由は、包丁の入り方で味が変わるからです。
これはと思うような味付けの場合、リピート間違いなしです。
 
それに、ホルモンメニューは数よりも味です。
どんなに種類を揃えたとしても職人の技が見えないと感動されません。
 
柔らかく、食べやすいもの。
味が選べる。(普通、辛味)
見た目が素晴らしい。
等々、個人差はあると思いますが、ホルモンの方がはまりやすいと思います。
 
また、ホルモンではなく、「和牛ホルモン」と記載されていると、ますます食べたくなります。
 
ホルモンという切り口で繁盛店づくりを考えても良いような気がします。
単価的に安くて庶民的なメニューです。
足元のお客様が気楽に利用していただくにはピッタリではと思います。
 
マスコミなども赤身の肉だけでなく、
ホルモンをクローズアップして特集を組まれると面白いのではないでしょうか?
 
女性の方も昔は敬遠されていましたが、
今は逆に健康志向でよくオーダーが入るようになっています。
ホルモンで店舗活性化の切り口にしたいです。
 
客単価よりも利用回数が増える戦略を狙うのなら、
ホルモンは最高のメニューのような気がします。

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズに掲載しませんか

営業戦略

化粧品ビジネスの魅力とは?何故化粧 …

何故、いろんな企業が化粧品事業に進出するのか?化粧品ビジネスの魅力とは?私は行政書士になる前、某化粧品会社に長 …

プレイングマネージャー

前回は人事制度運用の肝についてお話をしましたが、今回も引き続き運用において重要な管理とコミュニケーションに …

儲かる営業を考える

こんにちは、大阪で活躍するコンサルタント、小橋です。私がコンサルティング活動している中で、経営者からよくこんな …

着眼大局の一つ

着眼大局〈成功のために学ぶことの一つ〉ビジネスで成功するために心得なければならないことはなんだろうか?「商品」 …

マーケティング・集客戦略

正しいSEO対策の考え方

最近SEO対策をする業者さんが特に多くなってきたように感じますが、みなさんSEO対策の考え方 …

第10回 モノとコト

[まくら話]あるスーパーの店長との会話。店長「ここ数年バレンタインは手造り志向ですね。それに女子高生でも、ブラ …

■これだけでレスポンスは大幅にアッ …

先日、嬉しい報告をいただきました。 住宅設備関連のクライアントからです。 過去に何度か新聞折込チラシをやった …

一人会社で起業する場合の事業計画

失敗しない起業のための事業計画作成方法あまりにも無計画当事務所は、起業支援特化型の会計事務所です。このため、お …

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP