これが知りたい!人事・労務Q&A (番外編)

実際に質問の多い人事・労務の事例を公開!

  • 東京代表厳選税理士
  • 税理士の見直ししませんか?
  • 経営改善 売上アップ コスト削減

   

 

 

◇職場のパワーハラスメントに関する実態調査

 

 

 

厚労省は、国として初となる職場のパワーハラスメント(以下、「パワハラ」という)に関する実態調査報告書を公表しました。調査は、民間会社に委託し、全国の企業・従業員を対象にパワハラが発生する要因や予防・解決に向けた課題を検討した内容となっています。

 

 

 

●調査の概要

 

(1)全国の従業員(正社員)30人以上の企業17,000社に調査票を郵送し、回収率は27.3%

 

(2)全国の企業・団体に勤務する2064歳の男女9,000名 (公務員、自営業、経営者、役員は除く)に対してインターネット調査を実施。

 

 

 

●主な調査結果

 

(1)相談窓口における従業員からのパワハラの相談状況

 

従業員のための相談窓口を設置している企業は、全体の73.4%

 

・従業員1,000人以上の企業→96.6%

 

・従業員99人以下の企業→37.1%

 

 

 

(2)パワハラの発生状況

 

・過去3年間にパワハラに関する相談を1件以上受けた

 

ことがある企業→45.2%

 

・実際にパワハラに該当する事案のあった企業→32.0%

 

・過去3年間にパワハラを受けたことがあると回答した従

 

業員→25.3%

 

 

 

(3)パワハラが発生している職場の特徴とは

 

・上司と部下のコミュニケーションが少ない職場→51.1%

 

・正社員やパート等様々な立場の従業員が一緒に働いている職場→21.9%

 

・残業が多い/休みが取り難い→19.9%

 

・失敗が許されない/失敗への許容度が低い→19.8%

 

 

 

(4)パワハラの予防・解決のための企業の取組と効果

 

・パワハラの予防・解決を経営上の課題として重要である

 

と回答→80.8%

 

・実際に予防・解決に向けた取組をしている企業→45.4%

 

・管理職向けの講演や研修等の取組実施企業→64.0%

 

・就業規則などの社内規定に盛り込んでいる企業→57.1%

 

 

 

(5)パワハラの減少に向けて求められること

 

 企業調査において、パワハラの予防・解決の課題として最

 

も比率が高かったのは、

 

・パワハラかどうかの判断が難しい→72.7%

 

※取組を進めることで懸念される問題として、「権利ばかり主張する者が増える」(64.5%)、「パワハラに該当すると思えないような訴え・相談が増える」(56.5%)といった項目が多くあがっている。

 

従業員調査において、過去3年間にパワハラを受けた経験者のうち、

 

・何もしなかった→46.7%

 

※社内の相談窓口に相談した者の比率は1.8%と低い結果

 

 

 

●パワハラの予防・解決のための取組を進める視点

 

(1)企業全体の制度整備

 

 実際にパワハラを受けた者が相談窓口に相談する比率

 

は極めて低いことから、単に相談窓口を設置するだけでなく、相談窓口が活用され、解決につなげるアクションを促すような仕組みづくりも必要である。さらに、パワハラに関する研修制度や、就業規則などの社内規定にパワハラ対策を盛り込むことなど、総合的な取組が重要。

 

 

 

(2)職場環境の改善

 

 パワハラの実態を把握し、解決につなげるアクションを促

 

すためには、上位者がパワハラについて理解した上で、部下等とのコミュニケーションを行うことにより、パワハラが生じにくい環境を作り出すとともに、パワハラに関する相談がしやすい職場環境を作り出すことが重要である。また、職場における働き方についても、労使で十分話し合い、労働時間や業務上の負荷によりストレスが集中しないよう配慮すること必要である。

 

 

 

(3)職場におけるパワハラへの理解促進

 

 各企業は、自社の状況を踏まえ、労使の話し合いのもと、

 

会社としてのパワハラについての考え方を整理し、職場においてパワハラの予防・解決への意識啓発を進めていくことで、パワハラかどうかの判断やパワハラといえない相談が寄せられるといった課題の解決に近づくことが期待される。これにより従業員の関心が高まることで、一時的にはパワハラの相談が増えることも予想されるが、しっかりと相談に対応していく中で、各種取組の効果が現れ、将来的にはパワハラをなくすことにつながると考えられる

 

 

ご不明な点はお気軽に当事務所まで。 ⇒ 042-377-0549 まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料診断サービスのご案内 

『らくらく診断サービス』を開始しました。

簡単なアンケートにお答えいただくだけの簡単診断サービスです。

ご興味がございましたらお気軽にご連絡ください。

 


,蕕らく退職金診断
退職金は優秀な人材を定着させるツールであり、また引き付けるツールでもあります。

ですが、最近ではそんなはずのツールが会社自身の首を絞めてつける結果を引き起こしております。

そうです。退職金が払えなくなり、その結果退職金倒産を引き起こしているのです。

御社は大丈夫でしょうか?

こちらのサービスはそんな退職金倒産から会社を守る診断サービスです。

 

 

△蕕らくメンタルヘルス診断
最近は従業員のうつ病などの精神疾患が増えてきています。

従業員は心身ともに健康であると言い切れますか?

従業員がメンタルの不調を訴えてきたときにきちんと対処できますか?

メンタルヘルスの対策を怠り多額の賠償金を支払った会社があるのをご存知ですか?

こちらのサービスはそんなメンタルヘルス対策を怠った場合のリスクから会社を守る為の診断サービスです。

 

 

らくらく労務リスク診断
ご存じの通り、最近の多発しております労使トラブル!

賃金や労働条件を書面にて明示していますか?

残業が慢性化していませんか?

セクハラ、パワハラの防止と対策に努めていますか?

多くの会社様はこれらの労使トラブルから多額の損害金を請求されています。

実はそのほとんどが、「うちは関係ない」とお考えの会社様が多額の損害金を請求されているのです。

こちらのサービスはその様な労使トラブルから会社を守る診断サービスです。

 

 

い蕕らく人事・賃金制度診断
いまや人事・賃金制度は、会社の大小を問わず導入されるようになってきました。

従業員のやる気や能力を高め、会社の業績を向上されたいと思いませんか?

頑張っている従業員と頑張っていない従業員、同じ賃金額になっていませんか?

人事評価や賃金に従業員の納得は得られていますか?

人の成長なくして会社の成長はありません。

こちらのサービスは御社の人事・賃金制度の課題を診断をするサービスです。

これから導入をご検討されている会社様もご活用ください。

 

 

 

 

 

「もう労務管理に悩みたくない!」とお考えの会社様はこちらをクリック!!

 

 

 

 

 

 

 

弊所がお届けする“ビジネスリポート”は、経営に役立つ情報が
満載です。

例えば「マネジメント関連」では経営戦略、人事管理、企画・
営業、広報、著名な経営者の格言等の情報を、「ビジネス関連」
では卸・小売、製造、不動産、情報・通信等の各業界情報を、
その他「ビジネス以外」では、生活分野、健康、環境、豆知識
など、多岐にわたる経営情報を取り揃えております。

以下のリポートの中からご興味があるテーマがございましたら、
弊所宛てにお電話をいただくか、下記フォーム(最下段)に必要
事項をご入力のうえ、ご返信下さい。

ご希望のリポートを“無料”にてお届けいたしますので、お気軽に
お申し込み下さい。


――――――――――――――――――――――――――――
◆ 今月のおすすめビジネスリポート          
――――――――――――――――――――――――――――
今月のおすすめビジネスリポートを5本ご紹介いたします。

---【マネジメント関連 4本】 ----------------------------

1.経営のヒントとなる言葉 本田宗一郎
    「ハンマーをふるう右手は、いつも目立ちますよ。逆に、
   左手は蔭になって、いつも犠牲になって。だから必要
   ないかといえば、とんでもないことで、左手あるから
   こそやれる」
                      (全3ページ)

2.アベノミクス投資促進税制の適用と効果を考える
   ・2014年度の税制改正
  ・生産性向上設備等投資促進税制
  ・所得拡大促進税制
  ・生産性向上設備等投資促進税制適用効果を考える
                      (全10ページ)

3.法務リスクを回避せよ!(2)
       大切な情報が・・・ 〜個人情報保護の法務〜
  ・顧客情報が・・・ 〜個人情報流出に対する責任〜
  ・事前・事後の対策がポイント 〜個人情報保護の体制整備〜
  ・今回のポイント
                      (全7ページ)

4.経済に強い経営者になる 
         〜エルニーニョ現象が経済に与える影響〜
  ・エルニーニョ現象とは
  ・どのような影響が生じるのか
  ・過去の被害と今後の展望
  ・企業が取るべき対策
                      (全6ページ)

---【ビジネス関連以外 1本】---------------------------------

5.話題に使える雑学 〜世界遺産とは〜
  ・祝!「富岡製糸場と絹産業遺産群」世界遺産登録
  ・話材に役立つ世界遺産の「豆知識」
  ・「富岡製糸場と絹産業遺産群」の概要
  ・その他の世界遺産
                      (全9ページ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■ ビジネスリポートお申込フォーム ■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貴 社 名 : 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご担当者様 :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
希望レポート番号(ご希望の番号を記載/複数可):


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特記事項:(ご要望・ご質問などを記入ください)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※上記事項をご入力の上、ご返信ください。

※お届け日のご連絡は、追ってメール又はお電話にてご連絡
 いたします。

 

ご不明な点はお気軽に当事務所まで。 ⇒ 042-377-0549 まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【無料】お問合せ・ご相談

今、こういう状態なんだけど、どうすればいいかな? こういうことで悩んでいるんだけど、助けて欲しい! などのご質問から、 このサービスはどういう内容なの? といったようなご質問まで、少しでもご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。   労務管理+1 社会保険労務士糸岡潔史

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:社会保険労務士
  • 社労士OFFICE 労務管理+(PLUS)1
  • 東京都新宿区新宿1-3-7唐木ビル501

「ちょっと興味あるけれど、弊社から遠いなぁ」とお考えの会社様へ… ご安心ください。 弊社のサービスは『出張サービス(訪問タイプ)』ですので、御社のご都合に合わせてお伺いします。

比較ビズで見積もりしませんか

労働・社会保険手続き

従業員の自転車利用に対する会社の責 …

従業員が通勤や業務に自転車を使用する際の留意点   ◇自転車運転取締の強化 昨年はピストバイクによる歩行者へ …

10月経理実務ポイント

経理実務ポイント10月 1.源泉所得税の納税(10月10日まで)9月中に支給した給与や弁護士税理士などへの …

マイナンバー制度 概要と企業の対応 …

《マイナンバー制度》 平成27年10月よりマイナンバー制度がスタートします。制度の概要と、企業は何 …

パートタイマーへの社会保険適用拡大!

現行制度では、社会保険の適用基準は「1日の労働時間と1ヵ月の労働日数がともに、正社員のおおむね4分の3以上」とされ …

人材派遣・人材サービス

従業員の自転車利用に対する会社の責 …

従業員が通勤や業務に自転車を使用する際の留意点   ◇自転車運転取締の強化 昨年はピストバイクによる歩行者へ …

労働者派遣法の改正について

 施行日については国会の審議の影響により遅れていますが、以下の項目が改正される予定です。 【全ての労働者派 …

【メディア掲載情報】日本経済新聞に …

日本経済新聞(3月16日付)の記事「中小、厳しい採用活動に工夫」内にて、弊社の採用支援サービスに関す …

医療に幅広く貢献する派遣会社でスキ …

株式会社日本人材開発医科学研究所 労働者派遣事業許可番号:(般)13010952 職業紹介事業許可番号:13ユ010783 医療に …

比較ビズで一括見積もりしませんか?

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP