過労死とは

独自研究}}
過労死(かろうし、Karoshi , death from overwork)とは、周囲からの暗黙の強制のもとで長時間残業や休日なしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、働き盛りのビジネスマンが突然死することである(最近は若者も多くなっている)。英語では元々work oneself to deathと呼ばれていたが一般的な言葉ではなく、日本の過労死が大々的に報告されると「Karoshi」として各国に定着していった。英語の辞書や他言語の辞書にも掲載されている。これらのことにより、過労死が日本の封建的なシステムやライフスタイルを象徴する言葉として世界に広く認知されるようになり、いまや国際語である。そして、近年では日本特有の現象では無く、日本と同じで労働基準法の甘いアメリカ、そして途上国を中心に多数の事例が報告されている。

== 状況 ==
心筋梗塞、脳出血、クモ膜下出血、急性心不全、虚血性心疾患などの脳や心臓の疾患が原因で起こる。近年、過労死は40-50歳代〜30歳代にまで広がり、女性にも増えている。また長時間労働によるうつ病や燃え尽き症候群に陥り、自殺する者も多い。

== 労災認定基準 ==
厚生労働省の労災認定基準では、脳血管疾患及び虚血性心疾患等を取り扱っている。仕事との因果関係の立証が難しいため、脳・心臓疾患の労災認定申請のうち、過労死
と認められるのは一割程度である。2001年12月の認定基準の改正で発症前6か月間の長期間にわたる疲労の蓄積も考慮されるようになった。うつ病による過労死も労災として認められるようになった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 GNU Free Documentation License.

「過労死」に関連するコラム一覧

人事・組織・採用に関する人気コラム一覧

ビジネス用語・経営用語辞典カテゴリ

経営者支援コンテンツ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP