採用内定の取り消し

採用内定は簡単には出来ない

採用内定取り消し

 不況が続く中で、企業側も採用内定を慎重にしているので、そんなにこの問題は起こらないかも知れませんが、どうしても内定を取り消さなければならない場合もあると思うので、今回は取り上げてみました。

 採用内定の取り消しを可能にするためには2つのポイントがあります。

ポイント1・・実際にはまだ勤務していないが、雇用関係が成立しているという

       ことです。

       採用内定通知を内定者に渡した時点で「労働契約の承諾」が合っ 

       たということです。これは労使間で「解約権留保付き試用労働契

       約」が締結されたと考えられます。

ポイント2・・雇用関係が成立しているということは、採用内定の取り消しは「解

       雇」ということになります。解雇する社会通念上合理的な理由が要

       ることになります。合理的な理由が無ければ「解雇権濫用」となり

       内定の取り消しは無効ということになります。

●内定取り消しの場合よく問題となるのが、提出書類の虚偽記載です。

 どうしても採用して欲しいがために、取っていないを資格を取っている様に

 書いたり、逆に大学を卒業しているのに、高卒と書いて入社したりした例が

 あります。

  こういった場合、チョッとしたことでも虚偽記載があれば、内定取り消しに

 なるかというとそうとも言い切れません。

 ・虚偽記載の内容の程度の重大性

 ・そのことで従業員として採用することが不適格と判明したということが必要

 となります。

就業規則無料診断

就業規則は会社の憲法です。毎年改正される労働法規に準拠した規程に更新していく必要があります。ここ2年ほど就業規則を見直していない。いつも机の中にしまっているだけで、見たことがない。この2点に該当する就業規則なら、無料診断を受けてみてはいかがでしょうか?

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:社会保険労務士
  • うさみ労務管理事務所
  • 三重県四日市市日永4丁目3-7 ビバリーシャロン2C

三重県四日市市を中心に三重県北中部、名古屋市を主な活動範囲にしている社会保険労務士事務所です。主に人間関係のトラブル解決に向けた相談業務とそれに関連する内部規定の充実に力を入れています。

比較ビズに掲載しませんか

社内規程・就業規則

非正規社員の正社員化について

労務トラブル予防専門の社労士、     高野裕一です。     先日、厚労省から &nb …

「定年退職の捉え方!」

「定年退職の捉え方」過去数回に渡りまして、採用に絡んだお話をしてきました。採用を会社への入り口と考えますと、会 …

残業代金の未払い!企業のリストラに …

中小企業には、リスクが一杯?新聞紙上においては、大企業の実力給与制度や成果主義制度などの導入の記事が、多く取 …

コミュニケーションが強い絆の仕事( …

安全大会で「コミュニケーションが強い絆の仕事(安全)集団を創る」で講演いたしました。 7月は全国安全月間です。 …

人件費削減

有給休暇と残業の関係

【有給休暇と残業の関係】有給休暇を取得した社員に、必要以上に多くの残業代を支払っている会社を良く見かけます。そ …

週刊アエラに掲載!(サービス残業問 …

先般、週刊アエラの記者からサービス残業問題についての取材を受け、その記事が11日に発売された今週号に掲載され …

第5回 どうする?どうなる?サービ …

2011年度不払い残業代 ナント!18%増の146億円!   労働基準監督署の是正指導を受け_011年度に …

パートタイマーへの社会保険適用拡大!

現行制度では、社会保険の適用基準は「1日の労働時間と1ヵ月の労働日数がともに、正社員のおおむね4分の3以上」とされ …

圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP