第14回 レジリエンス

第14回 レジリエンス

[まくら話]

3.11の大震災から20日が経とうとしています。

被災された方々には心からお見舞申し上げますと共に、お休みしていたメルマガを再開したいと思います。

ザ・デイ・アフター。

震災の前と後で私たちの何が変わるのでしょうか?

震災の後を生きるためにどんなスピリットが必要なのでしょうか?

先日のアメリカの新聞に「GAMAN」という見出しが躍りました。

ジェイマン?

誰だ、その男は?

よく見るとこれは「ガマン」で、日本人の美徳をたたえ励ます内容の記事でした。

「ガマン」も「スシ」や「スモウ」と同じように日本発の国際語になったのです。

しかしその記事には多少の違和感を覚えました。

震災後のスピリットは「ガマン」ではないだろう、と思うのです。

「ガマン」と似て非なるものに「レジリエンス」という言葉があります。

私はいま日本人の「レジリエンス」が試されているのだと思います。

日本人が強みとして持っている「レジリエンス」とは何か?

今回はこぼれ話を含め、くそまじめに考えます。

[本題]

「レジリエンス」とは、もともとは復元力とか弾力性という意味です。

ゴムボールをギュッと握っても元の形に戻っていくような働き、強風にさらされた竹が折れずに、しなって元に戻るような働きをいいます。

つまり「レジリエンス」とは、逆境を生き抜く「しなやかな強さ」のことです。

ナチスの迫害下にあって強制収容所の絶望的な状況を生き伸びた人達は、希望とユーモアを忘れなかったと言われています。

いま日本の中に、不安・恐れ・悲観といったネガティブな感情が充満しています。

はたしてネガティブな感情を減らさなければ、人はポジティブになれないのでしょうか。

アメリカ心理学会元会長のM・セリグマンは、「ポジティブとネガティブとは、間違いなく両極の関係ではない」と言います。

「無理にネガティブな感情を減らす必要はない。普通以上の不幸を抱えていても、多くの喜びを得ることはできるのだ」と。

私は、震災後の避難所でトランプをして笑顔がこぼれている子供達の写真を見て、希望を感じました。

1日に2個しか食べられないおにぎりなのに「今日は五穀米のきれいな色のおにぎりが食べられた」と感謝しているご老人がいました。

震災前はテレビゲームばかりで人と関わろうとしなかった中学生が、避難所では率先して人を助け、自分で考えて動けるようになったと、我が子の成長を喜んでいる母親がいました。

これらは単なる「ガマン」とは違います。

「レジリエンス」は、耐え忍ぶ状況にあっても、その中に少しでもポジティブなものを見出し、楽しさや感謝や喜びを感じられることです。

これこそが日本人の我慢強さの本質ではないかと思います。

楽しさや感謝や喜びといったポジティブな感情は、幸福の構成要素です。

だから「レジリエンス」は、人に与えられた「幸福になる力」だと言えます。

そしていま日本人のその「幸福になる力」が試されているのだと思います。

[こぼれ話]

震災の前と後で何が変わったのでしょうか?

一つ挙げれば、主語がIではなくWeで語られるようになったことでしょう。

「わたし」ではなく「われわれ」。

今やオールジャパンという様相です。

そうやって国が一つになって対処しなければならない歴史的な事態であることは分かります。

しかしそうなりやすい国民性は「いつか来た道」であるようにも思います。

私自身もここまで主語を日本人という複数形にして書いてきました。

しかし一方で、そろそろ「わたし」という主語を取り戻さなければならないとも感じています。

そのためには問いが必要です。問いに答える思索が必要です。

今回の震災は、被災された方々にとっては、生の根本が揺るがされる体験でした。

ではそれによって、私の何が揺るがされたのか?

私が社会的責任として引き受けなければならないものは何か?

私は社会から何を託されているのか?

海岸に打ち上げられた幾千もの死体を思い浮かべてみる。そして耳をすます。

はたして私は何を呼びかけられているのか?

ちょっと哲学的になってしまいました。

しかしこういった問いに答えることで、私は「わたし」を主語として歴史に対峙することができるのだと考えています。

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:人事・組織
  • 株式会社ウエストウッド・コンサルティング
  • 福岡県福岡市博多区御供所町13-12

代表取締役 西木 聡(ニシキ サトシ) 昭和34年生れ。同志社大学卒業後、(株)日本コンサルタント・グループに入社。昭和61年、経営コンサルタント会社「kazi(カジ)」の設立に加わり、取締役営業部長及び経営コンサルタントとして …

比較ビズに掲載しませんか

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

企業再生・再建

債権回収の方法と心得について

債権回収にとって重要なポイントとは?早期の対処、一歩進んだ行動の実践事業を運営していると避けては通れない未 …

現代の花咲きじいさんか?

現代の花咲きじいさんか?[会社は日々成長してこそ、社会に貢献できる<1>]枯れ木にハイを振りかけて花を咲か …

税率アップに向け、これからいろいろ …

桑澤会計のメールニュース/第7号(2012年7月1日)皆様 今年も早後半に入りました。消費税改正法は衆議院を通過 …

パチンコホール売却をご検討されてい …

悩めるパチンコホール経営者の皆様へ初めまして。公認会計士税理士の海津(かいづ)と申します。後継者がいない、超巨 …

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP