【社員教育のあり方】鬼軍曹の下で仕事をする

【社員教育のあり方】鬼軍曹の下で仕事をする

  • 東京代表厳選税理士
  • 税理士の見直ししませんか?
  • 経営改善 売上アップ コスト削減

社長の言うことも役員幹部の言うことも聞かないというか、やらない人たちが職場で生まれてきているようです。

反発しているようでもないです。ただ、責任感を持ってやらないだけのような感じです。絶対に、必ずやらなければというのがないような感じです。

社内を調査してみると、そのような会社にはある特徴が見られます。昔は社内に必ずいた鬼軍曹がいないのです。怖い人がいません。または、叱る人がいないというのも共通した特徴です。

オーナー経営者のところは、オーナーが毎日、叱咤していますので、皆真剣です。ところがそうではない組織の場合、緊張感がやや欠けています。理由は、ガミガミ言う人がいないからです。

大声を出して叱っている現場を見なくなりました。昔は、仕事に対する責任感よりも、鬼軍曹に叱られたくないから何とか必死にやっていたということがあったと思います。

鬼軍曹は、もういなくなったのでしょうか?

今思うと、そういう人の下で仕事をした経験がある方が得だと思います。仕事に対する責任感が植え付けられます。安易な返事をしていると叱られます。出来ていないとチェックが入ります。その繰り返しでいつしか鍛えられて行きます。

やってもやらなくても良いとか、空返事なんてできません。毎日、必死でした。

誰かが厳しく叱って育てていかないといけないと思います。出来るまで横についていて、提出を待つくらいのことは必要でしょう。それに任せっ切りにしないで、毎日チェックして嫌がられるくらいでないと良くないです。

会社や上司をなめているような組織では業績は上がりません。出来るまで面倒を見る人ということが管理職の仕事です。

積極的に鬼軍曹になって欲しいです。嫌われることはしたくない、言いたくないでは管理職失格です。

できるまで帰さない。現状の報告をこちらから聞く。毎日、仕事の指示を出し続ける。考える暇のないくらい管理しないと本当の意味で育たないのではと思います。

また、あの人が来た!と言われる人が職場に何人いるでしょうか?

中小企業では、そのような人の数だけ成長するような気がします。

鬼軍曹は時代が変わっても従業員教育には大切なもののようです。

中小企業を元気にする:株式会社武内コンサルティングへのお問合せ・ご相談

「今、こういう状態なんだけど、どうすればいいかな?」「こういうことで悩んでいるんだけど、助けて欲しい」など、弊社へのご相談や「この商品はどういう内容なの?」「これについて聞きたいんだけど」など弊社や、弊社の商品サービスについてのお問合せがございましたらお気軽に、ご連絡いただけますようお願いいたし …

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズで見積もりしませんか

リーダー・管理職育成

採用から教育へのシフトチェンジ

  「採用から教育へのシフトチェンジ」   「良い人材を採用するにはどうしたら良いのだろうか?」と考え …

残業代金の未払い!企業のリストラに …

中小企業には、リスクが一杯?新聞紙上においては、大企業の実力給与制度や成果主義制度などの導入の記事が、多く取 …

社員の意欲を高める!とっておきの方法

コウモリの眼で意欲喚起の切り口を診る物事を診ていくとき四つの眼があります。一つは鳥の眼(大局的全体を診る)、二 …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

比較ビズで一括見積もりしませんか?

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP