第8回 遂にできた?雇用契約の新しいルール

改正?改悪?遂に新しい労働契約法が動き出します!

改正?改悪?遂に新しい労働契約法が施行されます。

人件費の変動費化に貢献してくれていたパートやアルバイト、派遣労働者などの有期雇用契約の在り方が遂に見直されることになりました。今回のポイントは3つ!その3つのポイントをご紹介します。

労働契約法改正の3つのポイント

  1. 有期労働契約から有期労働契約への転換の義務化
  2. 使用者による「雇止め法理」の義務化
  3. 合理的でない労働条件の禁止

 

では各々につきましてご紹介いたします。

(ポイント その1) 「有期労働契約」から「無期労働契約」への転換の義務化

同一の使用者との間で、有期契約が通算で5年を超えて反復更新された場合は、その労働者が申込みをすることにより無期労働契約に転換します。

これは、転換の申し込みをされると、使用者は申し込みを承諾したものとみなされ、その時点で無期労働契約への転換への契約が成立します。

 

(ポイント その2) 「雇止め法理」の法制化

有期雇用契約は、使用者が更新の拒否をすることで、契約期間満了に伴い、雇用が終了するものです。

ですが、ある一定の場合に、これを無効とするルール(雇止め法理)が確定しました。

その対象となる労働契約とは、

 _甬遒鉾辛更新された有期の労働契約で、その雇止めが、無期労働契約の解雇と社会通念上同視できると認められるもの

◆]働者において、有期労働契約が更新されるものと期待することに合理的な理由があると認められるもの

このような有期労働契約の場合は雇止めが認められず、契約が更新されることになります。

 

(ポイント その3) 不合理な労働条件の禁止

同一の使用者との労働契約において、有期雇用契約と無期雇用契約との間で、期間の定め(有期雇用契約)であることで、不合理な労働条件を結ばせる(相違させる)ことは禁止されます。

対象となる労働条件とは、賃金や労働時間等の狭義な労働条件のみならず、災害補償や福利厚生などの一切の待遇が含まれます。

職務の内容や責任の程度などを考慮して、個々の労働条件ごとに判断されることになります。

このように今回の労働契約法には経営をやり難くする?改正が行なわれます。

なお、「(ポイント その2)雇止め法理」の法制化は既に平成24年8月10日から施行されております。

「(ポイント その1)無期労働契約への転換」と「(ポイント その2)不合理な労働条件の禁止」は、平成25年4月1日からの施行です!

是非一度チェックをし、対策を練られてみてはいかがでしょうか?

情報化社会の中、情報が溢れかえっております。

その中で正確な知識や情報がなければ、逆に良いように­元を見られてしまう恐れもあるのです。

労務管理は法律だからやらなければならないという意識より、「生き残るために取り組む!」、「より良い会社にするために取り組む!」、そんな意識が求められているのかもしれません。

助成金など多くの国の制度や強い会社の仕組みを取り入れて是非対策をとりましょう!

只今、先着10社様限定で「会社のコンプライアンス」に関わる小冊子をプレゼント!

数に限りがございますので、お早めにご応募ください。

サービス残業対策、労働基準監督署対策、「売れない時代でも儲けることが出来る仕組み作り」、その他経営に役立つ情報や支援にご興味をお持ちでしたら、こちら「強いビジネスモデルと育成型労務管理で、業績の向上と経営の自動化を応援します!社労士OFFICE ウイング」にお気軽にお問い合わせください。

 

ご相談・お見積もりはこちらへ ⇒ 042-377-0549 

 

「もう労務管理に悩みたくない!」とお考えの会社様はこちらをクリック!!

 

 

【無料】お問合せ・ご相談

今、こういう状態なんだけど、どうすればいいかな? こういうことで悩んでいるんだけど、助けて欲しい! などのご質問から、 このサービスはどういう内容なの? といったようなご質問まで、少しでもご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。   労務管理+1 社会保険労務士糸岡潔史

ビジネスコラム提供者情報

  • 士業:社会保険労務士
  • 社労士OFFICE 労務管理+(PLUS)1
  • 東京都新宿区新宿1-3-7唐木ビル501

「ちょっと興味あるけれど、弊社から遠いなぁ」とお考えの会社様へ… ご安心ください。 弊社のサービスは『出張サービス(訪問タイプ)』ですので、御社のご都合に合わせてお伺いします。

比較ビズに掲載しませんか

労働・社会保険手続き

従業員の自転車利用に対する会社の責 …

従業員が通勤や業務に自転車を使用する際の留意点   ◇自転車運転取締の強化 昨年はピストバイクによる歩行者へ …

10月経理実務ポイント

経理実務ポイント10月 1.源泉所得税の納税(10月10日まで)9月中に支給した給与や弁護士税理士などへの …

マイナンバー制度 概要と企業の対応 …

《マイナンバー制度》 平成27年10月よりマイナンバー制度がスタートします。制度の概要と、企業は何 …

パートタイマーへの社会保険適用拡大!

現行制度では、社会保険の適用基準は「1日の労働時間と1ヵ月の労働日数がともに、正社員のおおむね4分の3以上」とされ …

求人・採用ノウハウ

非正規社員の正社員化について

労務トラブル予防専門の社労士、     高野裕一です。     先日、厚労省から &nb …

「人材育成で助成金をもらおう!」

「若者チャレンジ奨励金」というものをご存でしょうか?簡単に説明しますとヽ5歳未満の非正規雇用の社員を正社員と …

第8回 遂にできた?雇用契約の新し …

改正?改悪?遂に新しい労働契約法が施行されます。 人件費の変動費化に貢献してくれていたパートやアルバイト、派遣 …

【就職の条件の変化】ブログ・ツイッ …

ワードエクセル使えますか?にプラスして、以下のような質問が飛んで来ます。 ブログやったことありますか?ツイ …

圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP