3月1日解禁!新卒採用を改めて考える。

中小企業が考えるべき新卒採用戦略

 

3月1日解禁!新卒採用を改めて考える!」

ニュースやセミナーなどの情報で既にご存知の方も多いかと思いますが、今期から学卒者採用の流れに大きな変化があります。その大きなポイントとなるものが、企業の採用活動・学生の就職活動の解禁日が3月1日からと昨年度の12月1日から3ヶ月後ろ倒しになったことが挙げられます。

 

この時期変更の問題点は、大手企業をはじめ、中小企業、ベンチャー企業まで多くの企業の会社説明会・選考会の日程が重複していく可能性が高いことにあります。

 

昨年度までは、大手企業は12月から4月くらいの期間で採用活動を行い、中小・ベンチャー企業は大手の動きをまって、第二弾として活動を行うケースが多くみられましたが、今期は大手の動きを待ってから動き出してはもう夏休み。なんてことになってしまう為、大手企業との採用競争をしなければならない状況が現実味を帯びてきました。そこで、新卒採用を検討する企業がどんな点に注意して活動をしていったら良いのかについて3つのポイントから考察していきます。

 

単に「新卒を○名採用したい」ではダメ!

「経営者目線で一緒に働ける人材」など、自社に必要な人物像を明確にする。

その為3つのステップがあります。

 

今後必要とする社員の人物像を明確化する

1つ目のステップは、採用ターゲットを明確化することです。「どんな学生を採用したいか」ではなく、「どんな新入社員が自社に必要か」を明確にすることが重要です。

 

たとえば、当社の実例をお話しますと新卒採用初年度に「経営者目線で視点を持って、一緒に働ける新入社員」が必要だと考えました。必要とする社員像が明確になると、自ずと採用ターゲットも明確になります。当社では、将来の独立を目指す学生や、いずれは家業を継ぐ学生を採用ターゲットとしました。その結果、当社が求める人材像に合致する新卒2名を採用できました。実際、2名とも会社経営者の長男でした。

 

このように、必要な社員像を明確にすることで採用ターゲットも決まり、採用活動全体の方向性を決めることができるのです。

 

今後の方向性を交えて、自社の実態を伝える

就職サイトや会社説明会で、自社の実態と今後の方向性を伝えることです。たしかに大企業と比較すると、中小企業は不利な要素が多い。しかし、少し視点を変えれば、マイナス要素をプラス要素に変えることもできます。

 

例えば、年配社員ばかりの企業や初めての新卒の企業では、それを「新卒第一期生。未来の幹部社員募集」と伝えました。このように今後の方向性を明示すれば、学生の応募総数は減るかもしれませんが、採用ターゲットとなる学生からの応募数は逆に増えるんです。

 

初期段階から大手企業とは違うモノサシで選考を行う

自社の採用ターゲットに合わせた 一次選考を行う。たとえば、学生の考え方が分かるような問題を作文形式で出題する。一般的な学力テストや適性テストは行いません。なぜなら大手企業と同じモノサシでは、採用ターゲットとなる学生を見分けられないからです。学力テストや適性テストで優秀な成績を残すのは、地頭のいい学生やテスト対策をしてきた学生。そんな学生が本当に自社に合うかどうかは分かりません。

 

例えば、当社では一次選考で作文を課します。学生の考え方やモノの見方が分かるような問題を作文形式で出題すれば、初期段階から自社の採用ターゲットかどうかを見分けることができます。学力テストや適性テストに比べますと労力はかかりますが、そもそも応募数を増やす採用活動をしなければ、十分に対応できます。

このように大手企業と同じモノサシではなく、自社独自のモノサシで選考を行うことが重要なのです。

 

企業を取り巻く環境は刻々と変わり続ける中、「何か始めないとマズイのは分かるけど、何から取り組んだら良いのか分からない。」そんなことをお考えの方は、まずはお気軽にシンミドウコンサルティングチームまでお問合せください。

 

『未来の優良企業』と『未来の優秀社員』を創る

をテーマに私たちが全力でサポートさせて頂きます。ご不明な点や自社で本当に活用できるのかなど、不安な点等ございましたらお気軽にご連絡ください。今回お伝えしきれなかった細かな部分も当社コンサルタントがお伝えさせて頂きます。

 

会社の存続を守っていくことは、従業員やその家族の生活を守ることにもつながります。

永続的経営、長期雇用の実現のためにも自社が取るべき対策やルール作りを是非早急に行ってください。

 

【お問合せ】 050-5819-9201 人事労務担当:松 村まで

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社シンミドウ
  • 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-244-1 都築ビル 2F

中小企業の立場に立った、本物の経営コンサルティングを。当社は、そんな想いから設立した会社です。経営コンサルティングは、商品が目に見えません。また言葉や提案書では何とでも言ったり書いたり出来ますが、それが必ず実現できるとも限り …

比較ビズに掲載しませんか

起業ノウハウ・計画

3月1日解禁!新卒採用を改めて考え …

  「3月1日解禁!新卒採用を改めて考える!」 ニュースやセミナーなどの情報で既にご存知の方も多いかと思 …

今、時代は次のステージへ

今、時代は次のステージへ新しい税理士法人の形を創りたい。 これから求められる税理士像は、人間力解決力提案力 「 …

5月経理実務ポイント

経理実務ポイント5月1.源泉所得税の納税(5月10日まで)4月中に支給した給与や弁護士税理士などへの報酬に対す …

「利益」と「利益のお金」が一致する …

「利益」と「利益のお金」が一致する理由は?「お金」には、性格の違う「二つのお金」がある。現行会計は、損益と(資金 …

組織戦略

企業視点で見る「ブラック企業」と対策

最近は新聞やニュースでも多く取り上げられる「ブラック企業」というワード。 若者らの間ではブラック企業への関心 …

今、時代は次のステージへ

今、時代は次のステージへ新しい税理士法人の形を創りたい。 これから求められる税理士像は、人間力解決力提案力 「 …

社員の意欲を高める!とっておきの方法

コウモリの眼で意欲喚起の切り口を診る物事を診ていくとき四つの眼があります。一つは鳥の眼(大局的全体を診る)、二 …

風が吹けば、桶屋が儲かる

「風が吹けば、桶屋が儲かる」因果関係について説明した江戸時代の有名な諺ですが、現在の日本についても、色々と当 …

圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP