「今こそ社員力を高めるとき」

企業力アップに必要なのは

  • 東京代表厳選税理士
  • 税理士の見直ししませんか?
  • 経営改善 売上アップ コスト削減

「企業は人なり」

わかっています。

「うちも教育したいんだが・・」
「でも」
との声は良く耳にします。

恐らく

「具体的にどう実施したら良いのか」
「費用がかかる。今金がない」
「うちの社員はレベルが低いから他社の人とじゃ恥ずかしい」
など、
不安と面倒と、どこかに「今更」の人材育成投資に対する軽視が有るのではないでしょうか。


現実に企業を取り巻く環境は厳しいものです。だから、そこまで手が回らない。まさに一理あります。

しかし、現状までの企業総能力(社員各位の能力を総合化)で厳しい環境に対応し、競争力を高めた「新たな強さづくり」はできません。
なぜなら、社員の専門力を高める、そして対人関係力を高める事せずして、新たな知恵を働かせてのランクアップした活躍は不可能だからです。

今までの経験値(経験してきた能力)だけで事が打開できるならこんな楽なことはありません。
経験則を生かして、新たな改革事例を社員各位がそれぞれの役割・立場で累積した分だけ、企業の強さが他に勝っていくのです。

「厳しい、どうして良いかわからない、そんなこと言われたって」の嘆きの言い訳は、経験則の範囲でしか物事を考えられない人の言うことです。従って、このような時ときだからこそ社員力を高めなければいけません。

先日、「当社の財産は人材なり、社員が成長した分だけ当社が成長する」とトップが提言している企業の研修を担当しました。

社員数80人、大手製油所の設備管理を業として、「本日安全」「最高品質」「鍛えよう自分と仲間」をスローガンに掲げて、厳しい業界での信頼と安心を、顧客様に提供し続ける企業体質づくりに本腰入れている企業です。

ここ3年、管理者、リーダー、社員クラスの全社員の研修に携わってきましたが、確実にその社員力(立場、役割)の進化が顕著であると、トップ幹部の評価と実際の研修の場での実態感もあります。

例えば、挨拶でも研修から全社運動へと展開し、先般の親会社との連絡会では、「親会社を越えた活気ある集団となりました。
「外部関係者からの評判もすこぶる高い」と称賛されたとのことです。

まさに親の面子を子が高めた事となります。従って安全、品質の数字も、より良く変化しているとのことです。
まさに社員の成長は我が社の成長の提言どおりと言えるでしょう。


さて、現在「社員力」としてどのような人材条件を考えるか、以下13項目を提案してみます。
なお、業種、職種、立場によって具体的な理解に落とし込んでいただければ幸です。

^Щ⊃祐屬脳錣房囲にオーラを醸し出せる人材
高い専門力を持ち、一目置かれる存在感を示せる人材
常にCS(顧客感動)を高める顧客目線で、自らの活躍施策を発想でき人材
ぞ絨娘圓亮┐絞針に対して、累積的改革を推進できる人材
ゾ絨娘圓了惻┿項を、当事者意識で取り組み、主体的判断と責任感を持った人材
新鮮な情報、知識を探索し、取り巻く環境の変化に柔軟に対処できる人材
Щ業家マインドを持ち、人、モノ、金の最適活用で付加価値を生むことのできる人材
┛枴顕修鮗容し、国際的に適合できるグローバル感覚を持ち合わせた人材
部下、後輩を生かし、育て、目標を必達できるマネジメント力を持った人材
関わる人の信頼に基づく協力関係を築く、リーダーシップを持ち合わせた人材
倫理観を強化し、絶対的にトラブル発生のない組織作りのできる人材
企業(店)のブランドを背負って、自ら評判を高めるセールス力を生かせる人材
「何を、どうする」の必要スキルを要し、常に自己啓発力を持ち合わせた人材

ということになります。御社の社員各位の十分さはいかがでしょうか。

十分、不十分いずれにしても、何ら手だてをせずに社員の成長は難しいものです。
専門知識でも常に幅の広さ、深さの探求、そして新鮮さのキーワードはより高める必要があります。

こういうときだからこそ「企業は人なり」の実を生み出す人材育成にあえて取り組む必要があると言えるでしょう。

澤田が征く!社員教育の【無料訪問相談】受付中

澤田が征く!社員教育の【無料訪問相談】受付中まずはお話しませんか「社員研修って効果あるのかな」「費用はいくら掛かるんだろう…」いざ研修をお願いしようと思っても、上記のような理由で躊躇う事、ありませんか?そのお気持ち、よく分かります。だからまずは、あなたのお気持ちをお聞かせ下さい。弊社の研修は、まず …

ビジネスコラム提供者情報

  • 人材教育・研修
  • ビジネス教育の株式会社HOPE
  • 千葉県流山市中野久木572-10

■人物・特徴 東京生まれ 中央大学卒業 現セイコーインスツルメンツ(株)勤務 製造ライン・社員教育(この間労働組合役員も経験)、総務マネジャーを歴任し、労働組合役員を経て、ビジネス教育(株)HOPEを設立 現在企業教育コンサルタントと …

比較ビズで見積もりしませんか

社員教育

採用から教育へのシフトチェンジ

  「採用から教育へのシフトチェンジ」   「良い人材を採用するにはどうしたら良いのだろうか?」と考え …

勉強の結果は机に向かう前に決まる、 …

こんにちは!! このページにアクセスいただいてありがとうございます。 読書の秋ということで、最近購入した本 …

プログラム言語教育について

プログラム言語教育は 基礎コース応用コース実践コースに分けると、実践に行く程、何故、時間が長いのでしょう。 …

社員の意欲を高める!とっておきの方法

コウモリの眼で意欲喚起の切り口を診る物事を診ていくとき四つの眼があります。一つは鳥の眼(大局的全体を診る)、二 …

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

比較ビズで一括見積もりしませんか?

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP