数値評価できない接客サービス係の評価方法

数値評価できない接客サービス係の評価方法

いつも頭を悩ませます。

部門別評価の場合、売上高や原価率、人時売上高など数値に置き換えることができるものがたくさんあります。

しかし、接客サービス係の方をどう評価すれば良いのか?

接客サービスに関する項目を列挙し、できているかできていないかをチェックすることは可能です。でもそれも個人レベルでの評価にしかなりません。

やっていただいて当たり前の部分も出て来ると思います。

ではどうすれば良いのか・・・

接客サービス係としての自社の基準レベルを決める必要があります。一番出来るか方を基準に指導すると、スタッフはきついでしょう。あそこまでになるのは無理とあきらめてしまいます。

大事なのは、もう少し努力すれば私もあれくらいにはなれそうだという基準を設けることです。

頑張ったらたどり着けるハードルが大事です。このハードルの設定の仕方でモチベーションは変わってきます。

接客サービス係の場合は、この評価がストレートにお金になって跳ね返ってくる訳ではないです。お金ではないモチベーションアップの指導方法を考えないといけません。

接客サービスすることが好き。お客様にありがとうと笑顔で言われることが何よりのモチベーションにつながると思えるスタッフを作ることです。

お客様と接して何か役に立ちたいと思えるようになることです。

成果や結果が出なくてもそのような心を持って仕事をしていることが大切です。

評価項目が満点でも心がなければ意味がないです。

会社側としては、個別に評価することも大事ですが、接客サービス係の方が今後さらにスキルアップ、モチベーションアップできるものを提供して行くことも大切ではないでしょうか。

働きがいを実感できる職場にすることです。

お金ではない還元の仕方、評価の仕方を考える必要があります。

ただし、「良く頑張っていただき、ありがとうございます。」という言葉だけでは寂しいです。

会社として何をしてくれるのか?それを期待されています。

接客サービスの方にアンケートや面談で意見を聞かれたらいかがでしょうか?

建設的な意見も出て来ると思います。現場の改善は、現場の声からです。

出来る方ほど、自分の個人の評価のことについてではなく、もっと会社がよくなって欲しいと願われています。

期待に応えてあげて下さい。

中小企業を元気にする:株式会社武内コンサルティングへのお問合せ・ご相談

「今、こういう状態なんだけど、どうすればいいかな?」「こういうことで悩んでいるんだけど、助けて欲しい」など、弊社へのご相談や「この商品はどういう内容なの?」「これについて聞きたいんだけど」など弊社や、弊社の商品サービスについてのお問合せがございましたらお気軽に、ご連絡いただけますようお願いいたし …

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズに掲載しませんか

接客・サービス

〜お客様に喜びをプレゼントする感動 …

1.感動接客の基本心得CS(お客様満足)も現在では、お客様の期待お店の対応結果→顧客満足「期待していたとおりだった …

FileMaker 活用法:第1回 iPadを店 …

先日、青山から外苑前の道を散策していると自動車ディーラーのテスラモーターズでモデルSというEVの試乗 …

嫌われる覚悟

リフォームで各種商品を検討する際、 主に定価の決まっている商品 IHクッキングヒーター インターホン 食 …

■相手の立場になって考えていますか?

よく「相手の立場になって考えなさい」と言います。 商売であれば「お客様の立場になって考えろ!」ということです …

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP